強剛母趾におすすめのインソールは?オーダーメイドインソール専門店 異邦人

WEB限定!夏を先取りキャンペーン(5/25~7/15)

このページを読むのに必要な時間は約9分です。

強剛母趾を患うと歩く度に痛みが生じて生活するだけでストレスになりますよね…

強剛母趾とは足の親指の付け根にある関節が変形して痛みが生じる症状です。。

変形性関節症の一種になります。

治療には痛み止めなどを飲む対処療法や改善のためにインソールや足底板などを使う治療法があります。

強剛母趾のはっきりとした原因はわかっていませんが、足に合うインソールを入れることで関節への負荷を減らすことができることは分かっています。

そこで今回は、強剛母趾におすすめのインソールについてまとめました。

強剛母趾におすすめのインソール

インソールの写真

強剛母趾は足の付け根にある関節の周辺に炎症が起こり、腫れて痛みが生じる症状です。

歩く度に足の付け根にある関節には負荷がかかり、とても悩ましいのが強剛母趾のやっかいなところです。

炎症を抑えるために安静に保つことが大切です。

しかし、人間が生活する上で歩かずにずっと安静にしている訳にはいきません。

そこで関節への負荷を少なくしたり、足裏への負荷を均等にするためにインソールを使うことをおすすめします。

ただ強剛母趾で悩んでいらっしゃる方にこのブランドのこのインソールがおすすめですとはっきりと商品名をご提案することができません。

足の形や足のトラブルの進行具合・症状は人によって様々です。

間違ったインソール選んでしまうと症状を悪化させることもあるからです。

たくさんあるインソールの中からおすすめのインソール選ぶためのポイントを挙げるとすると、

  • 素材が硬いインソール
  • 足に合うインソール

を選ぶようにしてください。

素材が硬いインソール

様々な素材を重ね合わせたイラスト

強剛母趾でインソールを仕様する場合は素材がある程度硬いインソールを入れることがおすすめです。

その理由は素材がある程度硬いことによって親指が反る力を弱めることができるからです。

強剛母趾の痛みの原因は親指の付け根の関節付近に炎症が起き、歩くときに蹴り出す際や足が地面に着く際に負荷がかかります。

ある程度硬い素材のインソールを使うことで、関節への負荷を少なくすることができます。

足に合うインソール

足に合っているインソールのイラスト

強剛母趾も含め様々な足のトラブルの負荷を軽減するために立体的なインソールを入れて足を下から支えることが大切です。

足を下から立体的に支えるためには足に合うインソールを選ぶことがとても重要なポイントになります。

足に合うインソールを入れることで足にかかる負荷を全体的に分散させることができるからです。

特に足の親指の付け根は一番力がかかる場所になります。

足に合うインソールを使うことが力を分散させるて炎症を弱めたり安静を保つためには必須条件と言えます。

強剛母趾にはオーダーメイドインソールもおすすめ

オーダーメイドインソールを作っている写真

強剛母趾でどんなインソールが足に合うのかわからなかったり、足に合うインソールの選び方もわからない場合はオーダーメイドインソールがおすすめです。

オーダーメイドインソールは足の形に合わせて作るインソールになります。

足に合わないという心配もなく、素材もある程度硬い素材が使われていることが多いです。

強剛母趾でオーダーメイドインソールを使うメリット

オーダーメイドインソールの写真

強剛母趾で悩んでいらっしゃる方がオーダーメイドのインソールを作成すると歩く際の親指付近への負担が楽になります。

蹴り出す際や着地時の親指の付け根の関節・足・指への負担を抑えることができるからです。

また、足に合う靴で少しつま先が丸まっている靴を履くことも強剛母趾の改善や症状の緩和に効果があります。

また、インソールによって歩く時のバランスが自然に整えられます。

普段の姿勢も改善や、今まで歩く際に痛みがあってかばいながら歩いていた癖なども改善され、下半身の歪みや膝痛・腰痛などの痛みも緩和することがあります。

強剛母趾でオーダーメイドインソールを使うデメリット

お財布のイラスト

普段あまり靴を履かない方や、あまり歩かない方には効果がない事があります。

また、ハイヒールやパンプスなどかかとの高い靴などインソールが合わない靴で使用すると、症状を悪化させてしまう可能性もあります。

強剛母趾を改善したい場合は靴とインソールをセットで考える必要があります。

異邦人でオーダーメイドインソールを作成すると1足分辺り16,000円前後です。

足の形に合わせるため、それなりの手間と時間がかかるり価格も市販のインソールよりはどうしても高くなってしまいますとなります。

多くのオーダーメイドインソールは1万円〜2万円前後で販売されています。

価格の面が一番のデメリットと言えます。

強剛母趾とは?

強剛母趾のイラスト

強剛母趾(別名:リキドス)とは足の親指のつけ根の関節(MTP関節)で起こる変形性関節症の一種です。

変形性関節症は膝に症状がでる変形性”膝”関節症が一般的ですが、強剛母趾は足の親指の関節に症状が出ます。

親指の付け根にある関節の軟骨部分がすり減り、関節の変形や炎症を引き起こして痛みが出る症状です。

強剛母趾になると、足の親指の動きが制限されて歩く際に痛みを伴い日常生活に支障をきたすことがあります。

足の痛みが出る場所が近いこともあり、病院で痛風と間違えて診断されることもあります。

強剛母趾の症状について

病院のイラスト

強剛母趾の症状は、足の親指の付け根の周辺で痛みや腫れが生じることです。

特に親指を上に反らした状態で強い痛みを感じることが多いみたいです。

歩いている時には蹴り出す際・着地する際に親指が上に反れ、痛みが増します。

また、痛みをかばうために変な歩き方の癖がついたり、体の他の部位に負荷がかかって痛みを感じることもあります。

症状が進行し関節の変形が進むと、関節の可動域が狭くなってしまうのも特徴です。

親指がほとんど曲がらない状態になることまであるようです。

そのままにしておくと関節部に骨棘と呼ばれる骨のトゲのようなものができることもあります。

骨棘が靴に当たることで痛みが生じることもあります。

重症化してしまうと、軟骨がすり減り関節の隙間がなくなって痛みが強くなってしまいます。

痛みが出る場合はなるべく早めにお医者様の診察を受けてください。

強剛母趾になる原因

強剛母趾のはっきりとした直接的な原因はわかっていません。

骨と骨をつなぐ関節の表面は軟骨で覆われています。

この軟骨が関節が動く際に衝撃を吸収し、動きをスムーズにする役割を果たしています。

強剛母趾の場合、足の親指の付け根の関節にある軟骨がすり減ったり変形したりして骨と骨の隙間がなくなってしまいます。

歳を重ねて関節を多く動かすことで軟骨が消耗している可能性が高いと推測されています。

また、繰り返しのケガ関節への負荷骨の形態異常などが関節の変形する原因とも考えられています。

特に中高年の女性に多く見られることから、年齢を重ねることも原因だとされています。

異邦人にできること

異邦人のイラスト

異邦人はウォーキングシューズとオーダーメイドインソールを専門に販売している靴屋です。

シダスの熱成形オーダーメイドインソールを世界一販売している靴屋として9年連続表彰されています。

強剛母趾で相談に来られるお客様が最近増えてきました。

お医者様にインソールの導入を勧められたり、仕事のためにインソールの作成にご来店するお客様が多いです。

強剛母趾の痛みの軽減や、症状の改善のためにインソールの作成をご希望でしたら異邦人までお気軽にご来店・ご相談ください。

お客様の足に合うオーダーメイドインソールを作成させていただきます。

まとめ

強剛母趾を患うと歩く度に痛みが生じて出歩くのがつらくなります。

強剛母趾とは足の親指の根本にある関節が変形して痛みが生じる症状です。

インソールを入れて親指の関節の負荷を弱めたり、力がかかる部分を分散させることで症状を和らげることができます。

インソールはある程度の硬さのある素材でできていて、足に合うものがオススメです。

少し価格は高いですが、足の形に合わせて成形するオーダーメイドインソールを作成するのも1つの選択肢になります。

強剛母趾は親指の付け根にある軟骨がすり減り関節の変形や炎症が起こる症状です。

歩く際に痛みが伴うため、とてもやっかりなトラブルの1つです。

はっきりとした原因はわかっていませんが、軟骨の消耗・怪我・加齢などが原因とされています。

異邦人ではお客様の足に合うオーダーメイドインソールをご提案し、関節への負荷を軽減させるためのお手伝いをすることができます。

強剛母趾でインソールを入れようかお悩みでしたら、ご来店されるのか大変かと思いますが異邦人までご来店・ご相談ください。

様々な足や靴・インソールの知識と経験を兼ね備えたスタッフがお客様の症状を楽にできるようお手伝いさせていただきます。

インソールに関連する記事