足底線維腫とインソールの関係について

WEB限定!夏を先取りキャンペーン(5/25~7/15)

このページを読むのに必要な時間は約8分です。

足の裏の土踏まず付近に”しこり”が出来る症状を足底線維腫症と言います。

悪化すると痛みが出るケースもありますが、痛みがない場合は焦らなくても大丈夫です。

足底線維腫の痛みや改善のためにインソールの利用が効果的です。

異邦人にいつもお客様をご紹介くださるお医者様もインソールの利用を推奨してらっしゃいました。

そこで今回は、足底線維腫症とインソールの関係についてまとめました。

足底線維腫とインソールの関係

足底線維腫のイラスト

足底線維腫症は足の裏の土踏まず近辺にしこりができる症状です。

痛みがある場合は足底筋膜炎と間違うこともあります。

また、足底筋膜炎と足底線維腫を併発されていらっしゃる方も珍しくありません。

足底線維腫や足底筋膜炎の改善にはインソールの利用が効果的です。

足の裏に合うインソールを靴に入れて生活することで、足の裏にかかる力を足の裏全体に分散させることができるからです。

足底線維腫が足の裏にできてしまうと、立ったり歩いている際にしこりができている部分に集中的に力がかかってしまいます。

すると、さらにしこりが大きくなったり悪化したりする可能性があります。

インソールを入れて足の特定の部分にかかる力をなるべく分散することで、改善や悪化を防ぐことができます。

インソールの役割

アーチをサポートして負荷を分散しているイラスト

インソールの利用は足の様々な疾病に対して有効な手段です。

足の裏の形に合うインソールを入れることで、足の裏の筋肉の働きをサポートすることができます。

膝や腰が悪い方は膝や腰用のサポーターを巻いたりします。

足の裏や足が悪い方はインソールを利用することで、足の裏のサポーターの役割をするのがインソールです。

足底線維腫で”しこり”ができた部分に負担が集中しないように分散させるのがインソールの役割です。

そのためには、足の裏の形に合わせたインソールを利用することが大切です。

足に合うインソールの見つけ方

インソールのイラスト

足に合うインソールを見つけるには様々なインソールを試してみることが大切です。

インソールにはたくさんの商品があります。

足の形や足の疾病の改善のためのインソール、特定の機能を持ったインソールなど様々です。

足底線維腫の方にオススメなのは足の形や足の疾病改善のためのインソールで、土踏まずの辺りが立体的になっているタイプのインソールです。

土踏まずの辺りが立体的になっていることにより、足の裏への負荷を分散させることができるようになるからです。

市販のインソールは一般的な足の形を元に生産されていて、メーカーや商品によって形が様々です。

そのため、必ず足の裏の形に合うかを試してみてから購入するようにしてください。

足の裏の形に合わないインソールは足底線維腫の改善するどころか、悪化させてしまう可能性もあります。

靴屋さんやスポーツ量販店でいくつかのインソールを選び、店員さんにパッケージから出してもらって足の裏の形に合うか試すようにしてください。

足の形に合わせずに、インターネット等で購入するのはあまりオススメできません。

オーダーメイドインソールもオススメ

オーダーメイドインソールのイラスト

足の形に合わせて作成できるオーダーメイドインソールの利用もオススメです。

オーダーメイドインソールは足の形に合わせてインソールを型取りするインソールです。

多くは熱成形で作られるケースが多く、温めて柔らかくしたインソールの上に足を乗せて型取りするタイプが多いです。

だいたい1足辺り1万円〜2万円で作成することができます。

市販の商品よりも確実に足の形に合わせることができるため、足底線維腫の方にオススメの商品です。

また、様々なインソールを試すために時間をかける必要もありません。

足底線維腫とは?

足底線維腫は足の裏の土踏まずにできる”しこり”です。

別名レダーホース病とも呼ばれています。

多くの場合は良性の”しこり”で、痛みがないケースがほとんどです。

触ったり、押したりして痛みを感じなければ、特に病院に行ったりする必要もありません。

痛みがある場合は、足底筋膜炎によって痛みが出ているケースもあります。

足底線維腫と足底筋膜炎は併発するケースが多く、しこりによる痛みの場合と足底筋膜炎による痛みの場合があります。

痛みがある場合は、病院で診察してもらうようにしてください。

足底線維腫の原因

足底筋膜炎のイラスト

はっきりとした原因はまだ解明されていませんが、足底線維腫の原因は足底筋膜へのダメージの蓄積によってできることが多いです。

長年の足底筋膜への負荷や、足に合わない靴を仕事などで長年履いていたり、重たい荷物を運仕事をしていたりする方などに多く見られます。

また、肥満によって体重が増えて足の裏への負荷がかかる方にもよく見られます。

糖尿病の方にも多く見られる症状の1つです。

足底線維腫や治療法

病院のイラスト

足底線維腫が良性の”しこり”で、痛みがない場合はあまり治療は行われません。

歩いたり立ったりする際に、痛みがないときはそのままにするケースが多いようです。

しこり部分に痛みがあったり、歩くときに負荷がかかってしこりが大きくなる場合は炎症剤やインソールを使って治療を行うことがあります。

また、しこり大きい場合はステロイドや手術などで切除するケースもあります。

足底線維腫の改善や予防

インソールを入れる目的のイラスト

足底線維腫の改善や予防には足に合う靴とインソールの利用がオススメです。

足底筋膜に負荷がかからないよう足の裏にかかる力を分散させることが最大の予防や改善策となります。

また、足裏のマッサージを日常的に行うことで、足底筋膜の疲れを軽減させることも効果的と言われています。

異邦人にできること

異邦人のイラスト

異邦人はオーダーメイドインソールとウォーキングシューズの専門店です。

足元からお客様の健康を支えることを使命として、15年以上営業を続けています。

足に何らかの疾病を抱えていたり、足に合う靴を探していらっしゃるお客様が多くご来店します。

足底線維腫で足の裏に痛みが出たり、手術して再発したくないご来店されるお客様にもご愛用いただいております。

異邦人と他の靴屋さんとの大きな違いは、ご来店されたお客様の足のサイズを正しく計測することです。

正しい足のサイズを測り、足の裏のフットプリントを作成することでお客様の足に合う靴をお選びさせていただいています。

また、足に合う靴と併用してオーダーメイドインソールを作成してお客様の足にピッタリと合う靴をご提案する形のお店です。

足に合う靴・インソールを入れて生活することで、立ったり歩いたりするときに足底筋膜にかかる負荷を分散させることができ足底線維腫の改善や予防することができます。

まとめ

足底線維腫の改善や予防のためにインソールの利用は効果的です。

お医者様も足底線維腫には足に合うインソールを入れて、足底筋膜にかかる負荷を分散させることは効果的だとおっしゃっていました。

また、足底線維腫の治療にもインソールは利用されています。

インソールは足の裏を支えるサポーターのような役割の商品です。

足の裏の形に合うインソールを入れて足に合う靴を履くことで、足の裏の足底筋膜にかかる負荷を分散させることができます。

足底線維腫の主な原因ははっきりとは分かっていませんが、足底線維腫の原因は足底筋膜へのダメージの蓄積によってできることが多いです。

ほとんどの場合、良性の”しこり”で痛みもありません。

痛みがあるケースは足底筋膜炎による痛みの可能性もあり、一度病院で診察してもらうことをオススメします。

異邦人にも足底線維腫のお客様がご来店されます。

足に合う靴とインソールをご提案させていただき、足底線維腫の改善や予防をお手伝いすることができます。

足底線維腫の改善や予防のご相談の際は、異邦人までお気軽にご来店ください。

靴・インソール・足に関する専門的な知識を兼ね備えたスタッフがお客様の足に合う靴とインソールをご提案させていただきます。

足底線維腫や足底筋膜炎に関連する記事