敬老の日のプレゼントに靴の選び方と気をつけたいポイント

WEB限定!夏を先取りキャンペーン(5/25~7/15)

このページを読むのに必要な時間は約11分です。

敬老の日におじいちゃん・おばあちゃんに靴をプレゼントするときは、足に合う靴を選ぶことがとても大切です。

お歳を重ねたおじいちゃん・おばあちゃんの場合、足に合わない靴は足や体への負担がとても大きくなります。

また、足に合わないことで想像もしないようなトラブルを招く可能性もあります。

可能であれば、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に靴屋さんに足を運んで慎重に靴選びを一緒にするようにしてください。

そこで今回は、敬老の日にプレゼントする靴の選び方と気をつけたいポイントについてまとめました。

敬老の日に靴をプレゼント!

敬老の日のイラスト

敬老の日のプレゼントの候補として人気があるのが靴です。

おじいちゃん・おばあちゃんには健康に長生きしてもらうためにも、毎日歩くことは推奨されています。

定年退職して余暇時間を旅行やウォーキングに費やしているおじいちゃんやおばあちゃんも多いみたいです。

そんなおじいちゃん・おばあちゃんに歩きやすくて、健康に良い靴を選んであげるととても喜ばれると思います。

いつまでも自分の足で健康に歩いてもらうという願いも込めて、今年の敬老の日は「靴」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

靴は健康にとっては実はとても重要な要素が隠れています。

おじいちゃん・おばあちゃんに靴をプレゼントする際は気をつけたいポイントを踏まえて選ぶようにしてください。

敬老の日にプレゼントする靴を選ぶポイント

足のサイズを測るメジャーと定規のイラスト

敬老の日にプレゼントする靴を選ぶ際には、いくつか大切なポイントがあります。

それは「サイズ」です。

靴の一般的な足の長さのサイズは想像できますが、幅のサイズも大切です。

靴には足の長さのサイズと幅のサイズ(ワイズ)の2つのサイズがあります。

長さと幅(ワイズ)の片方のサイズが合っていなくても、履いているうちに痛みがでたりします。

若くて、筋肉が柔軟なうちは少しぐらい足に合わなき靴を履いていても気になりませんが、歳を重ねて筋力が低下していると足に合わない靴は足のトラブルや体の不調の原因になることがあります。

そのため、おじいちゃん・おばあちゃんにプレゼントする靴を選ぶ際にはサイズと幅(ワイズ)の両方が合う靴を選ぶようにしてください。

せっかく健康のために「靴」をプレゼントしても、その靴が原因で足や体のトラブルを招いてしまっては意味がありません。

そのため、プレゼントの靴を選ぶ際には自分の靴を選ぶときよりも靴のサイズ選びを慎重に行ってください。

足に合わない靴はトラブルの元!

外反母趾のイラスト

人間、年齢を重ねると筋力が弱ってきて、体のいろいろなところが変形したりすることがあります。

足も例外ではありません。

実際に、お年寄りで足の指が曲がる外反母趾や内反小趾足のアーチが下がってしまう扁平足になっている方の割合は若い方に比べると高くなっています。

また、足に合わない靴を履いていると体全体のバランスも崩れやすくなり、転倒やつまずきの原因にもなります。

おじいちゃん・おばあちゃんの健康を考えて「靴」を選ぶのであれば、必ず足に合った靴を選ぶようにしてください。

敬老の日にプレゼントする靴は一緒に選んでみては?

おばあちゃんにプレゼントを渡すイラスト

敬老の日のプレゼントにおじいちゃん・おばあちゃんに靴をプレゼントする際は、足に合う靴を一緒に選ぶようにするのがオススメです。

靴屋さんに一緒に行き、しっかりとサイズや幅(ワイズ)を店員さんに測ってもらって一緒に選ぶことで、敬老の日というイベントを一緒に過ごすこともできます。

また、靴の好みやサイズ・幅についても事前に調べたりする必要もないため、プレゼントする側もされる側の両方にメリットがあります。

一緒に選ぶ際の注意点としては、おじいちゃん・おばあちゃんが「履きやすい!」と言う靴をすぐに購入するのは少し待ってください。

おじいちゃん・おばあちゃんの場合、脱ぎ履きしやすい靴を履きやすいと言うことがあります。

脱ぎ履きしやすい靴 = サイズの大きい靴の場合が多いです。

サイズの大きい靴は脱ぎ履きはしやすいですが、歩くためにはあまり適していません。

実際に測ったサイズよりも大きなサイズの靴を「履きやすい!」と言われた場合には再度サイズがあっているのかを気にしてあげてください。

そして、購入する前にはなるべく長い時間試し履きをすることも大切です。

靴は足を通しただけでは少しきついかどうかぐらいしかわかりません。

店内を2〜3周歩くぐらい試し履きをしてみて、靴の中で足が動いていないか、靴の中で特定の場所に足が当たっていないかなど気になる部分がないのかおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に確認するようにしてください。

敬老の日にはどんな靴をプレゼントすると喜ばれる?

靴屋さんのイラスト

おばあちゃん・おじいちゃんに靴をプレゼントするとするなら毎日履いてもらえる靴が喜んでもらえると思います。

また、履きやすくて・歩きやすい靴を長年愛用してもらえるとプレゼントした方も嬉しいですよね。

しかし、靴には様々な種類があります。

  • ウォーキングやランニングをする方にはスニーカー
  • 登山やハイキングが好きな方には登山靴
  • ゴルフをする方にはゴルフシューズ
  • オシャレな方にはハイヒール
  • 家の中で過ごすインドア派にはルームシューズ

など、履く方のライフスタイルや趣味に合わせて靴の選択肢は様々です。

そこでご提案したいのはウォーキングシューズです。

ウォーキングシューズは歩くことを目的として設計された靴で、どこかに出かける際には必ず「歩く」必要があります。

どこへ行く際にもいつでも履いてもらえるウォーキングシューズは万能のプレゼントだと思います。

ウォーキングシューズをプレゼントするメリット

ウォーキングシューズのイラスト

敬老の日にプレゼントする「靴」にウォーキングシューズがオススメな理由はいくつかあります。

  • サイズと幅(ワイズ)の種類が多い
  • 脱ぎ履きしやすい
  • 歩きやすい

の3つです。

サイズと幅(ワイズ)の種類が多い

サイズとワイズに合う靴のイラスト

1つ目はサイズと幅(ワイズ)の組み合わせが多いことです。

足に合う靴を見つけるために大切なサイズと幅(ワイズ)ですが、多くの靴の場合サイズの記載はあっても幅(ワイズ)の記載はありません。

ウォーキングシューズは健康に歩くことを目的として設計された靴のため、必ずといっていい程「幅」のサイズの記載がされています。

同じメーカーでもモデルによって幅(ワイズ)の設定が違うことも多いです。

そのため、足に合う靴が選びやすくなります。

脱ぎ履きしやすい

チャックのイラスト

2つ目は脱ぎ履きしやすい設計になっていることです。

ウォーキングシューズはサイズ・幅(ワイズ)に合わせてピッタリと履くことが多いです。

そして、ピッタリのサイズ感の靴は脱ぎ履きしにくいと思われがちですが、ウォーキングシューズの場合ほとんどのモデルに脱ぎ履きしやすい機能がつけられています。

靴の履き口の部分にサイドジッパーがついていたり、靴紐ではなくダイヤル式の調整器具がついていたりすることでピッタリのサイズ感の靴を選んでも脱ぎ履きしやすいのが特徴です。

日本の玄関で靴を脱ぎ履きする文化から、日本人は比較的自分の足のサイズより大きめの靴を選ぶ傾向があります。

しかし、サイズの大きい靴は足の健康を考えるとあまりオススメはできません。

歩きやすい

歩くおじいちゃんのイラスト

最後の3つ目は他の靴に比べてウォーキングシューズは格段に歩きやすい靴になっています。

名前の通り、歩くための靴なので「歩く」ことを最優先にメーカーが設計しているからです。

かかとがしっかりとホールドされ、踏み出す際にはかかとが動きにくくなっていたり、つま先で蹴り出しやすいように絶妙な角度がつけられていたり、歩くための様々な機能性が備わっています。

また、素材も程よく固めの素材が使われていることが多く、スニーカーやランニングシューズなどで歩くよりも寿命が長いのも特徴です。

敬老の日のプレゼントに異邦人の靴はいかが?

異邦人のイラスト

異邦人は靴を通じてお客様の健康を足元からサポートするお店です。

ウォーキングシューズとオーダーメイドインソールを専門に販売している靴屋で、おじいちゃん・おばあちゃんの年齢層のお客様が大半を占めている少し変わった靴屋になっています。

当店の特徴は、ご来店いただいた際に必ず足のサイズと幅(ワイズ)を正確に計測してから靴選びを始めます。

足の形や癖・特徴・歩き方などをフットプリントを作成してお客様と一緒に分析も行います。

そして、最後に足や靴のお悩みをお伺いし、お客様の足や靴の悩みなどをヒアリングした上で足に合う靴をご提案させていただく「提案型」の靴屋になっています。

そんな異邦人に敬老の日にはおじいちゃん・おばあちゃんと一緒にご来店してみませんか?

実際に、お子様やお孫さんがインターネットで検索して、当店に一緒にご来店されるお客様も多いです。

まとめ

敬老の日におじいちゃん・おばあちゃんに靴をプレゼントする場合は足に合う靴を選ぶことがとても大切です。

足に合わない靴は足や体のトラブルの原因になる可能性があります。

そのため、必ず足のサイズと幅(ワイズ)を測って足に合う靴をプレゼントするようにしてください。

可能であれば、おじいちゃん・おばあちゃんと靴屋さんに行って一緒に選ぶのがオススメです。

一緒に選ぶことで、様々な種類の靴の中からおじいちゃん・おばあちゃんの生活に合わせた靴を選ぶこともできます。

また、敬老の日のプレゼントにはウォーキングシューズもオススメです。

外出する際には必ず靴を履いてでかけます。

そんな毎日履くための靴としてウォーキングシューズをオススメするにはいくつかの理由があります。

  • サイズと幅(ワイズ)の掛け合わせが多いため足に合うサイズを見つけやすい
  • ピッタリのサイズを選んでも脱ぎ履きしやすい機能がついている。
  • ウォーキングシューズは歩くために特化した靴なので、とても歩きやすい

そんなおじいちゃん・おばあちゃんにオススメのウォーキングシューズを専門に販売しているのが異邦人です。

異邦人のお客様の中心は65歳以上となっています。

お子様やお孫さんと一緒にご来店されるケースも多く、敬老の日のプレゼント用の靴選びにはピッタリです。

スタッフも毎日数多くの足や靴のトラブルを抱えたお客様にご対応した経験が蓄積されています。

足や靴に関する知識も多く、敬老の日におじいちゃん・おばあちゃんと一緒に安心して靴を選びにご来店いただけるお店です。

足や靴に関連する記事