腰痛にオススメの靴はある?腰痛と靴の関係について

このページを読むのに必要な時間は約9分です。

腰痛の方は立ったり、歩いたりするだけでも腰が痛くてつらいですよね。

その腰痛は普段から何気なく履いている”靴”が原因で患っているかも知れません。

腰痛の原因は様々ですが原因によっては靴を見直すと腰痛が改善する可能性があります。

そこで今回は、腰痛の方にオススメの靴や靴と腰痛の関係についてまとめました。

腰痛の方にオススメする靴

腰痛のイラスト

残念ながら「腰痛の方にオススメする靴はこれ!」と断言できる靴はありません

異邦人には足や体の悩みを抱えて多くのお客様がご来店します。

お客様の足に合う靴を販売させて頂き、腰痛が改善したとおっしゃられる方が何人もいらっしゃいました。

「腰痛の原因に靴が関係しているのではないか?」

異邦人では靴と腰痛の関係について考察しました。

結果的に大切なことは”足に合った靴を正しく履く”ことだったのです。

腰痛におすすめの靴はない!

腰痛の改善や痛みを和らげるためにオススメできる特定の靴はありません。

人間の足は形・大きさ・癖・歩き方など1人1人全く違います。

そのため「この靴が腰痛にオススメ!」と断定はできません。

また、靴にも様々な種類があります。

その中で腰痛の方にオススメするとすれば、スニーカーやウォーキングシューズなどある程度のクッション性があり足がしっかりと固定される靴をオススメします。

大切なのは足に合った靴を正しく履くこと!

腰痛を予防・改善するために最も大切なことは”足に合う靴を正しく履く”ことです。

足に合う靴とは、

  • 足のサイズ
  • 足の幅や甲の高さ
  • かかとのホールド感
  • 足へのフィット感
  • 歩きやすさ

などを重視して選んだ靴です。

そして、足に合う靴を”正しく履く”ことも重要な要素の1つになります。

足に合う靴を正しく履くことで足の負担が減り、腰の負担も減らすことができるからです。

腰痛と靴の関係について

腰痛の女性のイラスト

腰痛と靴はあまり関係ないように思えます。

実際に多くの方が靴を変えて腰痛が改善するとは想像もしません。

異邦人にご来店されるお客様も腰痛に悩んでいらっしゃる方ではなく、足の疾患に悩んでいらっしゃる方が多いです。

足の疾患の改善に靴とインソールをご提案させていただき、結果的に腰痛が改善しているにすぎません。

靴が腰痛を引き起こす原因は、足の筋肉が衝撃を吸収でずに腰への負担が大きくなっていることです。

足に合っていない靴が原因で腰痛になる理由

足に合っていない靴を履いていると、足裏や足指の筋肉が知らない間に疲れてしまいます。

靴が原因で腰痛を患っていらっしゃる方の中には、足裏の土踏まずを形成しているアーチの筋肉が正常に働きにくくなっている方も多いです。

足裏や足指の筋肉が疲れてしまうと、ふくらはぎやふとももの筋肉にも無理が生じてしまいます。

足裏・足指・ふくらはぎ・ふとももなど足全体の筋肉が疲れると、歩く時や立っている時に上手に上半身を支えることができません

結果、腰の筋肉に無理が生じて腰痛になってしまうのです。

間違った靴選びが原因で腰痛になることも

ハイヒールのイラスト

間違った靴選びを続けていると、靴が腰痛の原因になることもあります。

特に、

  • 大きめのサイズの靴
  • 硬い素材の靴
  • ヒールが高い靴
  • スリッパやサンダル
  • ブーツ
  • 長靴

などは足裏や足指への負担がかかりやすく、正しく歩きにくい履物です。

足裏や足指への負担が大きくなると、足全体の筋肉を柔らかく使うことができません。

固くなった筋肉は、2足歩行の時に体にかかる衝撃を上手く吸収できず、膝や腰に負担がかかります。

毎日のように負荷をかけ続けていると、蓄積されて腰痛になってしまうことがあります。

腰痛の方は体のバランスも崩れているかも!?

バランスが崩れるイラスト

腰痛を患っている方は体のバランスが崩れている傾向にあります。

体のバランスが崩れていることも、腰に負担がかかる原因の1つです。

歩く時や立っている時のバランスを保ちやすくすると、腰への負担を減らすことができます。

足に合う靴を正しく履くことは、体全体のバランスを補正する役割も担います。

体のバランスを維持するためにも、靴はとても重要な役割を果たしているのです。

腰痛の方がやってはいけない靴選び

腰痛を患っている方は靴を選ぶ際に間違った靴選びをしている可能性があります。

靴を選ぶ時に、

  • デザイン
  • 価格
  • クッション性
  • 試し履きをしない

など重視する点が間違っていると腰痛を悪化させる原因が隠れているかも知れません。

デザイン重視で靴を選ぶ

腰痛を改善したい方はデザインを重視して靴を選ぶのは止めてください。

靴はファッションの一部ですが、可愛さやカッコよさを第一に選んでいては足に合う靴を履くことはできません。

最近ではネット通販などでサイズを選ぶだけで靴を買うことができます。

しかし、見た目だけでは実際に足に合うかどうかはわかりません。

腰痛の方が靴を選ぶ時は、デザインを優先せずに試し履きをして足に合う靴を選ぶようにしてください。

価格重視で靴を選ぶ

お財布のイラスト

腰痛を改善したい方は靴を価格重視で選ぶのも止めてください。

靴を価格で選ぶと、使われている素材や作りが足によくない可能性があります。

また、セールなどで安くなっている靴を衝動買いしてしまうのも足に合わない靴を履くことにつながります。

腰痛の方にとって最も重要なのは、足に合った靴を正しく履くことです。

決して価格ではありません。

クッション性の高い靴を選ぶ

クッション素材のイラスト

腰痛を患っているからと、クッション性が高い靴が腰痛の改善につながるとは限りません

腰痛の方に多いのは、靴のクッションが柔らかい靴を履けば腰への衝撃を緩和できると思っていることです。

靴のクッション性は、体重や用途によって選び方が違います。

クッション性の高い靴を履くと、柔らかすぎて逆に体のバランスを維持するために足に負担をかけてしまうことがあります。

腰痛の方は、用途や体重に合わせたクッション性の靴を選ぶようにするようにするのがポイントです。

ランニングやウォーキング、男性用や女性用など用途や性別に合わせるだけでも違います。

試し履きをしないで靴を選ぶ

靴を選ぶ時に最も重要なのは試し履きをすることです。

足に合う靴は履いてみないとわかりません。

腰痛の方にとって最も重要なのは、足に合う靴を正しく履くことです。

腰痛の方が靴を買う時は必ず試し履きをして購入するようにしてください。

腰痛の方の為の正しい靴の選び方

足のサイズを計測している写真

腰痛の方が足に合った靴を選ぶ際には、最初に必ず足のサイズを正確に測ってもらってください。

正しくサイズを計測すると、履いてきた靴のサイズと足のサイズが違うことはよくあります。

また、足の長さのサイズだけでなく、足の幅と足囲も合わせて測ってもらうことが大切です。

足の長さと足の幅・足囲が合う靴をなるべくたくさん試し履きするようにしてください。

靴はメーカーやモデルによって大きさはバラバラです。

メーカー・モデル・サイズが同じでも履き心地が違うこともあります。

大切なのは、なるべく多くの靴を試し履きして比較することです。

試し履きする際も、正しく靴を履いて店内をなるべく歩いて足に痛みがないかを確認するようにしてください。

腰痛の改善のためには、足に合う靴を選ぶことがとても重要なのです。

腰痛持ちの方の為の正しい靴の履き方

靴を履くイラスト

腰痛の方は正しく靴を履くことがとても重要です。

試し履きする際も、間違った靴の履き方をしていては意味がありません

正しく靴を履くために重要なポイントは、

  • 靴のつま先ではなく、かかと側に足を合わせる
  • 靴紐やベルトなどでしっかりと固定する

ことです。

靴は足にピッタリと合わせることで、足への負担を減らすことができます。

靴を履く際は立ってつま先側をトントンとするのではなく、座ってかかと側をトントンと合わせるのが大切です。

つま先側に詰めてしまうと、かかとが固定されず大きめの靴を履いてしまう原因になります。

また、靴紐やベルトは脱ぎ履きしやすいように靴紐を緩めに結んでいる方が多いです。

靴紐やベルトが靴についている理由は、靴と足を一体化させる際に微調整ができるようにするためです。

めんどくさいかも知れませんが、靴紐やベルトでしっかりと固定することで足への負担を減らすことができます。

足と靴がかかと側にしっかりと固定されると歩きやすくなり、足の疲れや腰痛を予防・改善することに繋がります。

足に合う靴を選ぶのは難しい

異邦人のイラスト

腰痛の方に正しい靴の選び方や靴の履き方を簡単にご紹介させていただきました。

しかし、足に合う靴を自分で選ぶことが難しいのも事実です。

最初はどんな靴が足に合っている感覚も分かりません。

異邦人は「足に合った靴を正しく履いていただくこと」でお客様の健康をサポートするお店です。

足にピッタリと合う靴とオーダーメイドインソールを通じて、お客様1人1人に合わせた靴をご提案させていただいています。

ご来店いただきましたら靴の選び方・履き方・歩き方などお客様のお悩みをお伺いした上で、ご説明いたします。

まとめ

腰痛の方にオススメできる特定の靴はありません。

腰痛の改善や痛みを和らげるために重要なのは足に合った靴を正しく履くことです。

腰痛と靴の関係性にピンと来ない方も多いと思いますが、靴が原因で腰痛を患っていらっしゃる方も多いです。

足に負担のかかる靴を履いているケースや、間違った靴の履き方をしている場合は足元を見直すと腰痛が改善することがあります。

足に合っていない靴を履いていると、足の筋肉が衝撃を吸収できずに腰痛の原因になっているかも知れません。

腰痛の方に大切なのは、足に合った靴を選んで正しく履くことです。

異邦人にも腰痛のお客様がご来店されます。

腰痛の原因が靴の場合、足に合う靴をご提案させていただくことで改善する可能性があります。

腰痛の原因は様々で、一概に「靴」だけが原因とは言い切れません。

足元が不安定で、慢性的に腰痛を患っていらっしゃる方は靴を見直してみてはいかがでしょうか?

足に合った靴選びに不安がある方は、お気軽に異邦人までご来店ください。

正確な足のサイズ計測やご相談は無料で行っております。