ひどい外反母趾でも履ける靴がみつかるかも!?ウォーキングシューズとオーダーメイドインソールの異邦人

このページを読むのに必要な時間は約8分です。

ひどい外反母趾になると、足が変形して足に合う履ける靴を見つけることが難しくなります。

中には足に合わない靴を履き続け、外反母趾の悪化につながる原因になっていることも!?

ウォーキングシューズとオーダーメイドインソールの専門店の「異邦人」は様々な悩みを持ったお客様の足に合う靴を販売しているお店です。

ひどい外反母趾で悩んでいらっしゃるお客様もご来店します。

そんなお客様の足や靴のお悩みをお伺いし、履ける靴をご提案させていただきます。

そこで今回は、ひどい外反母趾でも履ける靴が見つかるお店「異邦人」についてまとめました。

ひどい外反母趾でも履ける靴

外反母趾のイラスト

異邦人には外反母趾で「足が痛い」「履ける靴が見つからない」とご相談に来られるお客様が多いです。

中にはとてもひどい外反母趾でご来店されるお客様もいらっしゃいます。

また、病院で治療を続けていらっしゃるお客様で、装具などをつけてご来店されるお客様もチラホラ。

外反母趾はひどくなると親指の付け根から”くの字”に曲がり、親指が薬指と中指の下に入り込んでしまうことがあります。

明らかに「健康的な足」には見えません。

そんなお客様の足を細かく計測・分析し、お客様の足に合う履ける靴をご提案しているのが「異邦人」です。

異邦人がひどい外反母趾のお客様に「履ける靴」をご提案できるには2つの理由があります。

  • 幅の広いウォーキングシューズ
  • オーダーメイドインソール

の専門店だからです。

幅の広いウォーキングシューズ

ウォーキングシューズの写真

異邦人で販売している靴は主に大手スポーツメーカーのウォーキングシューズです。

ウォーキングシューズはサイズ規格が様々で、同じ24cmでもメーカーやモデルによって様々な幅の商品があります。

ひどい外反母趾のお客様の足は多くの場合、足のサイズが小さくて幅が広くなっています。

そのため、どうしても足のサイズで靴を合わせると横からの圧迫で足が痛くなります。

異邦人ではお客様の足を細く計測して足のサイズと幅のサイズの合う靴をご提案させていただいています。

オーダーメイドインソール

インソールの写真

ひどい外反母趾になってしまうと、どうしても足のサイズに合わせて靴を選ぶことが難しくなります。

ご来店されるお客様が履いてくる靴を見ても、幅に合わせた大きめのサイズの靴を履いていることが多いです。

大きめの靴を履いていると、歩く時にどうしても靴の中で足が滑ってしまいます。

靴の中で足が滑ると、つま先や土踏まずに無理な力がかかり外反母趾を悪化させる原因にもなりかねません。

また、歩き方にも癖がついてしまいます。

異邦人にご来店されるお客様の中にも、ひどい外反母趾で最大幅サイズの靴でも対応できないことがあります。

そのようなお客様には、幅のサイズに合う少し大きめのサイズの靴をご提案しています。

靴と一緒にオーダーメイドインソールを入れていただき、靴の中で足が滑らないような履き方や歩き方もお伝えしています。

ひどい外反母趾のお客様の事例

ひどい外反母趾のお客様の足の写真

異邦人に外反母趾に悩んでご来店されるお客様で圧倒的に多いのが中高年の女性です。

特に高齢の方にひどい外反母趾の症状が見られます。

かなり重症の外反母趾を患った80代の女性のお客様がご来店された時のことはよく覚えています。

ご来店された時は歩くのもぎこちなく、ゆっくりと店内に入って来られました。

足を見てみると左足の親指の角度が直角に近い90度近く曲がっていました

親指が薬指と中指の下に潜り込んでしまっています。

指が重なってしまっているため、なかなか履ける靴がなく普段はスリッパなどを履いていたようです。

左足の長さは22.5cm程しかありませんでしたが、幅で合わせると24cmの6Eサイズでした。

指が重なっていたので、つま先に空間のある幅の広いモデルの靴をご提案しました。

靴の中で足が滑らないようにオーダーメイドインソールを作成し、正しい靴の履き方と歩き方をお伝えさせていただきました。

すると、帰りは立ってスタスタと歩いて帰って行かれました。

帰り際には「履ける靴が見つかってよかった」と喜ばれていたことがとても印象的でした。

外反母趾のお客様への相談窓口「異邦人」

異邦人 大阪梅田本店の写真

ひどい外反母趾で履ける靴が無いとお悩みでしたらお近くの異邦人までお気軽にご来店・ご相談ください。

足や靴に関する豊富な知識と経験を兼ね備えたスタッフがお客様のお悩みを解決できるような靴をご提案させていただきます。

これまでにも外反母趾で足が痛かったり、履ける靴がないというお客様の足元の健康を支えてきました。

お客様の足に合う靴を見つけに来てください。

スタッフがお客様の足のサイズ・状態・癖などを分析しながらお悩み解決するお手伝いをさせていただきます。

どうしてひどい外反母趾になるの?

外反母趾のお客様の足の写真

外反母趾になる原因は様々あると言われています。

主な原因としては、

  • 筋力の低下
  • 足に合わない靴を履く
  • 歩き方の癖
  • ハイヒールやパンプスなど先の細い靴
  • 体重の増加

などですが、明確な原因として解明されていないこともあります。

異邦人のお客様で多いケースは、圧倒的に加齢による筋力の低下です。

若い頃に外反母趾気味になってしまい、年齢とともに悪化するケースです。

今まで足の健康に気を使わずに足に合っているかわからない靴を履き続け、知らない間に歩き方に癖がついてしまっています。

すると、いつの頃か痛みが出てきて歩くのに支障がでるようになるのです。

しだいに痛みで出歩くことがおっくうになると、さらに筋力が低下していく負のスパイラルに陥っています。

また、外反母趾がひどくなると、扁平足・タコ・魚の目・開張足・ハンマートゥなど他の足の疾患を併発することも珍しくありません。

悪化させないためにも、早めに足元を支える靴を見直すことをオススメします。

外反母趾の悪化予防に大切なこと!

正しく靴を履いて歩いている女性のイラスト

ひどい外反母趾にならないためにも、足に合う靴を正しく履いて歩くことはとても大切です。

病院でも外反母趾の治療に医療用の靴や足底板などが使われることがあります。

外反母趾を悪化させてひどい状態にならないよう、普段から履いている靴を見直してください。

靴を買う時に正しくサイズを測らずに購入していたり、履きやすくて脱ぎやすい靴をよく履く方は外反母趾が悪化してしまう可能性があります。

また、家の中でスリッパをよく履いている専業主婦の方も注意が必要です。

サイズの大きな靴・脱ぎやすくて履きやすい靴・スリッパなどは歩く時に脱げないような歩き方の癖がついてしまう原因の1つです。

普段からしっかりと足が固定され、靴の中で足が滑らない靴を履くように心がけるだけでも対策になります。

外反母趾はひどくなると最終的には手術での治療となります。

年齢を重ねると足の手術は大きな負担となり、立って歩くのが難しくなる可能性もあります。

今からでも足に合う靴を正しく履いて”足の健康”について心がけるようにしてください。

まとめ

ひどい外反母趾を患っている方は履ける靴を見つけるのにとても苦労します。

異邦人はお客様の足の健康をサポートする靴屋です。

外反母趾で「足が痛い」「履ける靴がない」とご相談に来られるお客様もいらっしゃいます。

ご相談に来られたお客様の足を細かく測り・分析してひどい外反母趾のお客様でも履ける靴をご提案しています。

ひどい外反母趾で履ける靴が無いとお悩みでしたらお気軽にご来店・ご相談ください。

外反母趾になる原因には様々ありますが、ひどくなる原因には筋力の低下と足に合わない靴も関係しています。

予防や悪化を防ぐためにも靴選びを見直し、足に合った靴を正しく履いて歩くことはとても大切です。

外反母趾以外でも足や靴に何か不安や悩みがございましたらいつでも異邦人までご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

外反母趾に関する関連記事