ウォーキングシューズの選び方と初心者が初めて選ぶウォーキングシューズ

WEB限定!夏を先取りキャンペーン(5/25~7/15)

このページを読むのに必要な時間は約12分です。

ウォーキングシューズを初心者の方が初めて選ぶ時に大切なポイントは2つあります。

  • サイズ
  • ワイズ

です。

初心者の方が初めてウォーキングシューズを選ぶ際は、足の長さのサイズと幅のワイズに合った靴を選ぶことをオススメします。

そこで今回は、初心者の方にウォーキングシューズの選び方をまとめました。

初心者のウォーキングシューズの選び方

ウォーキングシューズの選び方と初心者が初めて選ぶウォーキングシューズ

異邦人はウォーキングシューズを専門に取り扱う靴屋です。

ウォーキングシューズはスポーツ用品専門店や靴屋さんなどでもそこまで多くの種類を取り扱っていません。

靴を販売するメーカーの中でも主力商品ではないからです。

どちらかと言うと、販売しやすいランニングシューズやスニーカーを主に取り扱っている傾向があります。

ウォーキングシューズは歩くために開発された靴で、足に合う靴を選ぶことで歩きやすくなるのが最大の特徴です。

初心者の方が初めてのウォーキングシューズを選ぶ時に大切なポイントは、

  • 足のサイズ
  • 足のワイズ

2種類の足のサイズを基準に選ぶようにすることです。

足には足の長さのサイズと、足の幅(足囲)のワイズの2種類のサイズがあります。

市販されている靴の多くは長さのサイズだけが記載されていて、靴を選ぶ時はサイズを基準に選ぶのが一般的です。

しかし、初心者の方が歩きやすいウォーキングシューズを選ぶ際には、サイズとワイズの両方が合うウォーキングシューズを選ぶようにしてください。

サイズとワイズを正しく知る!

足のサイズを正確に測っている写真

初心者の方がウォーキングシューズを購入する際は、まず足のサイズとワイズを正しく測るようにしてください。

ウォーキングシューズを選ぶ際の大切な判断基準になります。

サイズは靴屋さんなどでも測ってもらうことができますが、ワイズは一般的な靴屋さんではあまり測ってもらうことができません

ウォーキングシューズを主力商品として販売しているお店では、サイズとワイズを正確に測ることが多いです。

お店を選ぶ際の基準にしてください。

サイズだけしか測ってもらえないような靴屋さんでは、ウォーキングシューズを購入することはオススメしません。

サイズやワイズはご自身でも測ることができますが、誤差が出ることが多いため専用の計測器具のある靴屋さんで測ってもらう方が正確なサイズを知ることができます。

サイズとワイズの合うウォーキングシューズを選ぶ

ウォーキングシューズの靴箱に記載されているサイズの写真

サイズとワイズを正しく知ることができれば、ウォーキングシューズを選ぶのは難しくありません。

ウォーキングシューズには、足のサイズとワイズの2種類のサイズが設けられていることが一般的です。

ワイズはA〜Gまでアルファベットで表記されています。

メーカーによって、A〜E・2E・3E・4E・5E・6Eと”E”の前に数字が増えていく表記がされていることもあります。

基本的には5EがFで6EがGになります。

足のサイズが合う靴から、ワイズの合うウォーキングシューズを選ぶとかなり足にフィットする靴を選ぶことができます。

ウォーキングシューズを幅広く取り扱う靴屋さんでしたら、サイズとワイズの合うウォーキングシューズを選んでくれるお店もあります。

異邦人でもお客様の足に合わせたウォーキングシューズをご提案させていただいています。

サイズとワイズの合うウォーキングシューズを選んだら

靴を試着している写真

サイズとワイズの合うウォーキングシューズを選ぶことができたら、購入する前に必ず試し履きするようにしてください。

ウォーキングシューズは歩くための靴なので、きちんと履いて店内を歩き回ることが大切です。

売り物だからと、試着することを遠慮していると実際に履いて歩くときに違和感があったり靴擦れができたりします。

お金を払う前に試し履きし、店内をグルグルと歩くようにしてください。

もし、歩いていて違和感がある場合は違う靴に履き替えて歩いてみてください。

いくつかの靴を試着した上で、歩きやすくて履き心地の良い靴を選ぶのが大切です。

正しく靴を履くことも大切!

靴を試し履きしている写真

ウォーキングシューズを試着するときも、購入してからもウォーキングシューズは正しく履くことが大切です。

靴を正しく履くには、

  • かかと側に足を詰める
  • 靴紐やベルトでしっかりと留める

2つのポイントが重要です。

靴は正しく履くことによって足をしっかりと固定することができ、靴の中で足がずれることを防ぎます。

他の靴を履く際にも、正しく靴を履くことで足の疾患の予防や疲れにくくなる効果があります。

素材によって履き心地や歩き心地が違う

ウォーキングシューズは使われている素材によっても履き心地が違ってきます。

革製・布製・合皮製など靴の表側に使われている素材は様々です。

また、革製や布製の靴でも靴のモデルによって使われている素材の硬さが違ってきます。

サイズとワイズの合ういくつかのモデルの中から、履き心地の良いモデルを見つけるようにしてください。

デザインだけで選ぶのは控える

ウォーキングシューズで大切なことは、何度もお伝えしますがサイズとワイズが合っていることです。

デザインなどの見た目だけで選ぶのは控えるようにしてください。

デザインを気にしてウォーキングシューズを選ぶと、足に合わない靴を選んでしまう可能性が高くなります。

ファッション用の靴や、オシャレなスニーカーを購入する時はデザインで選んでもかまいません。

しかし、歩くためのウォーキングシューズを選ぶ場合は、デザインよりも足に合うかどうかを最重要ポイントにするようにしてください。

ウォーキングシューズ選びで迷っていらっしゃる方へ

異邦人のイラスト

ウォーキングシューズの選び方がわからない方や、なかなか足のサイズやワイズを正確に測ってもらえるお店がわからないという方は、お近くの異邦人へお気軽にご来店ください。

異邦人では必ず正確な足のサイズを測り、お客様の足のサイズとワイズの合うウォーキングシューズをご提案させていただいています。

異邦人は少し変わった靴屋です。

一般的な靴屋さんでは、たくさんある靴の中から気に入ったものを選んでサイズを出してもらって試着するという流れです。

異邦人では、お客様の足のサイズとワイズを測り、お客様の足の特徴を分析し、お客様の使用目的をお伺いしてから靴をご提案させていただくようにしています。

靴をご提案して、販売させていただく独自の販売方法です。

お客様がご納得されなければ、購入していただかなくてもかまいません。

靴や足に何か悩みがあれば、お客様がご相談に来られる足や靴の駆け込み寺的なお店です。

初めてウォーキングシューズを購入される初心者の方には、知識と経験を兼ね備えたスタッフが親切丁寧に足や靴についてお伝えさせていただきます。

ウォーキングシューズとスニーカーの違い

ウォーキングシューズとスニーカーやランニングシューズの違いはいくつかあります。
主な違いは、

  • かかとが固定される
  • 足の甲をしっかりと抑えることができる
  • ソールの素材
  • 使われている素材

の4点が一般的なスニーカーとの大きな違いです。

ウォーキングシューズは名前の通り、歩くことに特化したつくりの靴になっています。

歩くためには、しっかりと靴にかかとや足の甲を固定することが大切です。

そのため、かかとがしっかり固定され、靴紐でしっかりと足の甲を抑えるつくりになっていることが多いです。

また、ミッドソール(靴底との間の部分)やソール(靴底)に使われている素材が衝撃吸収製の高い素材が使われていることが多いです。

外側の素材もある程度硬さがありながらもしなやかに動く素材が使われることが一般的で、スニーカーよりも若干硬さがあります。

また、ウォーキングシューズにはファスナーやダイヤル式シューズを採用したモデルも多く、しっかり靴紐を締めても脱ぎやすく履きやすいような構造になっています。

ウォーキングシューズにもスニーカータイプやパンプス、ビジネスシューズなど様々な商品が販売されています。

利用するシーンに応じて選ぶことができるのもウォーキングシューズの特徴です。

ウォーキングシューズを購入する目的

靴屋さんの店員さんのイラスト

異邦人では年間約1万足のウォーキングシューズを販売しています。

お客様によってウォーキングシューズを購入する目的は様々です。

もちろん、歩くことを目的に購入される方もいらっしゃいますが、足の疾患の改善や予防のために購入する方も多くいらっしゃいます。

また、立ち仕事や外回りの営業マンの方などは毎日仕事で足が疲れるのをどうにか楽にしたいと購入される方もいらっしゃいます。

足の疾患の改善や予防のため

外反母趾のイラスト

ウォーキングシューズには様々なサイズと幅の組み合わせがあり、モデルによって足の幅や靴の中の空間などが違います。

足の疾患を抱えて、足が変形してしまっている方はなかなか足に合う靴がないとウォーキングシューズを購入して行かれるお客様が多いです。

特に外反母趾の方や扁平足の方など足幅が広くなっているお客様でウォーキングシューズをご愛用いただいているお客様が目立ちます。

足に合う靴を履くことによって足の疾患の改善や予防にもなることも分かっています。

仕事で使うため

立ち仕事をする人のイラスト

立ち仕事や、毎日歩き回る営業マンが仕事用にウォーキングシューズを購入して行かれるケースも多いです。

ウォーキングシューズには外回りの営業でも使えるビジネスモデルや、パンプスタイプの商品もございます。

また、白いウォーキングシューズを看護師の方が購入されるケースもあります。

足に合う靴は、歩いたり立ったりする時の足への負荷を軽減する効果があるからです。

普段仕事で履いている靴で足が疲れると感じられる方は足に合うウォーキングシューズを試してみてください。

さらなるフィット感の向上や足の健康のために

オーダーメイドインソールを入れたパンプスのイラスト

異邦人ではウォーキングシューズと一緒にオーダーメイドインソールの利用もオススメしています。

足に合うウォーキングシューズをお客様に履いていただくのはもちろんですが、オーダーメイドインソールを使用することでさらにフィット感を向上させることができます。

元から入っているインソールはどうしても一般的な足の形を元に作られています。

せっかく足のサイズが合う靴を履いていても、足と靴が接する面がぴったりと収まっていないと靴の中で足が動いてしまうことがあります。

そこで、オーダーメイドインソールを使って足と靴をよりフィットさせるのが大切だと考えています。

足にフィットするオーダーメイドインソールは足の疾患予防の他、膝痛や腰痛肩こりなど体全体の負荷を軽減する効果があることが分かっています。

まとめ

ウォーキングシューズを初めて購入する初心者の方は、まずご自身の足のサイズとワイズを正確に知るようにしてください。

ウォーキングシューズにはサイズとワイズの2つのサイズが設定されている商品がほとんどです。

サイズとワイズを正確に測り、両方が合う靴を選ぶことが大切なポイントです。

サイズとワイズの合うウォーキングシューズを選ぶことができたら、必ず試し履きするようにしてください。

歩くことを目的とした靴なので、試着して店内を少しウロウロと歩くことで違和感を感じたら違う靴を試してみるようにしてください。

なるべくサイズとワイズの合う靴を多く試着して、違和感のないピッタリと合う靴を選ぶのが大切です。

また、試着する際も普段から履く際も靴を正しく履くように心がけるようにしてください。

間違った靴の履き方は足や体の健康を損ねる恐れがあります。

ウォーキングシューズ選びで迷っていらっしゃる方は、お気軽に異邦人までご来店ください。

異邦人はウォーキングシューズを専門に扱う少し変わった靴屋です。

靴や足の知識と20年近い販売経験を兼ね備えたスタッフがお客様の足にピッタリと合うウォーキングシューズをお選びさせていただきます。

ウォーキングシューズに関連する記事