外反母趾でタコができて痛い…外反母趾とタコの改善のために

WEB限定!夏を先取りキャンペーン(5/25~7/15)

このページを読むのに必要な時間は約10分です。

外反母趾で靴を履いているとタコができる原因は靴と足が当たっているからです。

タコができて痛みのない方もいますが、悪化すると痛みを伴って魚の目になることもあります。

外反母趾やずっと同じ場所にあるタコの痛みにお悩みでしたら、靴を見直してみませんか?

そこで今回は、外反母趾やタコを改善するための靴やインソールについてまとめました。

外反母趾でタコができて痛い…

タコができているイラスト

外反母趾は足の親指が内側に曲がって足の指が「く」の字に変形する足の疾患です。

症状が悪化すると足の人差し指の上下に重なるケースもあります。

主な原因は足裏の筋力の低下によって扁平足気味になることや、履いている靴などとされています。

外反母趾になると、どうしても親指の付け根の外側や足の裏にタコができやすくなります。

靴や地面と足の特定の場所が常に接触するようになるからです。

異邦人には数多くの方が外反母趾でご来店されます。

中にはタコができて痛いと悩んでいらっしゃる方も多いです。

痛みが伴うと、タコではなく魚の目になってしまっていることもあります。

外反母趾でタコができやすい原因

外反母趾のイラスト

タコができる原因は特定の場所に刺激が集中することです。

野球選手も練習で日常的にバットを振るため、手の平にタコができていることがあります。

足にタコができるケースでは、足の特定の場所が常に刺激されているためです。

外反母趾を患ってしまうと、どうしても足の形が歪んでしまいます。

市販されている靴の多くは一般的な足の形をモデルに作成されています。

そのため、市販の靴を履いていると出っ張っている部分や地面に着いている部分に刺激されてタコができやすくなります。

異邦人にご来店されるお客様でタコができて痛いと悩んでいらっしゃる方は、概ね外反母趾と扁平足を併発しているケースが多いです。

扁平足になってしまうと、土踏まずが平らになって地面と接触する面積が増えます。

そのため、足の裏に大きなタコができてしまったというお客様もいらっしゃいました。

タコの痛みの改善のために

たこ・魚の目のイラスト

外反母趾でタコができる場合、バンドエイド・テーピング・市販されているパッドなどで対策されていることが多いです。

一時的な改善のためにはそれで問題ありませんが、根本的な原因を取り除くことはできていません。

また、靴の中で足が当たらないように幅の広い靴やサイズの大きい靴を履いていらっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、足に合わない靴は靴の中で足が動いて逆にタコや魚の目ができやすくなる原因にもなります。

タコや魚の目を改善するためには、足に合った靴を正しく履くことが大切です。

外反母趾でタコができにくくするために

大きなタコができているお客様の写真

異邦人にご来店されたお客様で、足の裏の指の付け根が直径10cmぐらいのタコになってしまっているお客様がご来店されました。

外反母趾と扁平足を併発していて、靴下を脱いでいただいたらテービングで足の裏の半分近くを覆っていました。

毎日貼るのが大変とのことで、どうにかタコを改善したいとのご相談でした。

初めてご来店された時に足に合う靴とオーダーメイドインソールを作成し、1年ぐらい経って再度ご来店された時には毎日テーピングを貼らなくてよくなったと喜んでいらっしゃいました。

外反母趾でできるタコや魚の目の改善にも足に合う靴とオーダーメイドインソールが大切だと実感した瞬間でした。

外反母趾でタコや魚の目ができないようにするために、異邦人では

  • 足に合った靴を正しく履く
  • 足に合わせたインソールを入れる

の2つが大切だと考えています。

足に合った靴を正しく履く

足に合った靴を履いているイラスト

足に合った靴を正しく履いていただくと、かかとがしっかりと靴に固定されます。

歩いたり走ったりする時に靴の中で足が動くのを予防できます。

タコができる主な原因は特定の場所を刺激し続けることです。

足の一定の場所が常に刺激されていると、皮が分厚くなってタコができてしまいます。

足に合っていない靴や、サイズの大きい靴を履いているとどうしても足が靴の中で動いてしまいます。

すると、外反母趾を患っている方は親指の付け根の出っ張った部分や足の裏が動く度に靴に当たって刺激され、タコができるのです。

足に合う靴を正しく履いていただくことで、足が靴に当たることを防いでタコの改善や予防につながります。

足に合わせたインソールを入れる

オーダーメイドインソールのイラスト

足に合う靴と一緒に足に合わせたインソールを入れることもタコができる原因を取り除くことができます。

インソールを入れることで、より足と靴が密着して隙間がなくなります。

また、多くのインソールは土踏まず部分が盛り上がっています。

土踏まずの形にインソールが合うことで、足の裏が靴の中で引っかかって靴の中で前後に動くのを防ぎます。

足が前後に動きにくくなると、足の特定の場所が刺激されなくなるのです。

しかし、足に合っていない靴にインソールを入れても効果を最大限に発揮できません。

大切なのは足に合う靴と足に合うインソールを一緒に履くことです。

異邦人で足に合う靴と一緒に足の形に合うオーダーメイドインソールをご提案しているのはそのためです。

外反母趾の改善のためにもインソールがオススメ

インソールを作成している写真

足に合うインソールはタコ・魚の目の改善にも役立ちますが、外反母趾の改善にも効果を発揮します。

外反母趾の方の足の裏を見ると、健康な足の方よりも土踏まずが低くなっている傾向があります。

扁平足気味になっていて、扁平足と外反母趾は併発することが多い症状です。

扁平足気味になっているということは、足の裏の筋力が弱って土踏まずを支える力が弱っている証拠でもあります。

足に合うインソールを入れると、土踏まずを形成する筋肉を下から支える働きをします。

足の裏の筋肉のサポーターとしての役割があるのです。

外反母趾とインソール

アーチをサポートしているインソールのイラスト

外反母趾の方が足に合ったインソールを入れる最大のメリットは、土踏まずにある足のアーチを支えれることです。

土踏まず部分にあるアーチを下から支えることで、健康的な足の形に近づくように補正する役目を担います。

外反母趾の治療でも医療用のインソール”足底板”が使われることがあります。

足に合わせたインソールでも同じような効果を得ることができるのです。

欧米ではインソールを足の疾患の治療に使うことは珍しくありません。

実際に異邦人で販売されているシダス社のインソールはフランスでは医療用インソールとしても用いられています。

オーダーメイドインソールについて

ハイブリッドインソールの写真

オーダーメイドインソールは一人一人の足の形に合わせて作成するインソールです。

トップアスリートが使う1枚の板から足型にピッタリと合わせて作るインソールから、加熱したインソールに足型を合わせる商品まで様々です。

価格は1セットで10万円以上する商品もあれば、1万円しない商品もあります。

市販されているインソールに比べると、足の形に合わせて変形させるため足の裏の形にピッタリと合うのが最大のメリットです。

異邦人で取り扱っているオーダーメイドインソールはフランスのシダス社製の熱成形インソールになります。

価格は税別14,000円から販売しております。

また、異邦人は靴屋として世界一シダス社の熱成形インソールを販売した実績がございます。
インソールを作成する技術力の高さも自慢です。

異邦人にできること

異邦人のイラスト

異邦人はウォーキングシューズとオーダーメイドインソールを専門に販売している靴屋です。

主なお客様は足や靴に何かしら悩みを抱えた方がご来店されます。

異邦人ではお客様の足のサイズや形を正確に計測し、お客様の足に合う靴やインソールをご提案している提案型の靴屋になります。

他の靴屋とは違い、商品の棚から気に入った靴を選んでサイズを出してもらうような販売方法ではありません。

そのため、お店にご来店されたらお客様の足や靴のお悩みをしっかりとお伺いすることから始めます。

外反母趾でタコができて痛いとお悩みのお客様もよくご相談に来られます。

お客様の足に合う靴とインソールをご提案することで、タコや外反母趾の改善して楽になったと喜ばれています。

外反母趾でタコができて痛いとお悩みでしたら、お気軽に異邦人までご来店・ご相談ください。

15年以上の販売経験と蓄積された足や靴の知識でお客様の足の健康を支えさせていただきます。

まとめ

外反母趾の方は靴を履いているとタコができて痛みを伴うことがあります。

タコができる原因は外反母趾と扁平足で靴を履くと靴の中で足が当たってしまうからです。

バンドエイドや専用のパッドなどで痛みを緩和している方もいらっしゃいますが、根本的な原因の解決にはなっていません。

大切なことは足に合う靴を正しく履くことです。

足に合っていない靴を履いていると、どうしても足が靴の中で動いてしまいます。

足に合う靴を正しく履くことで、足が靴の中で動くのを予防することができるようになります。

また、一緒に足に合うインソールを使用することもタコの痛みの改善に効果的です。

足に合うインソールは靴の中で足が動くのを抑え、足の裏の筋肉の働きも補助することができるからです。

足の裏の筋肉の働きを補助することで、扁平足や外反母趾の改善にもつながります。

異邦人では15年以上にわたり、オーダーメイドインソールと足に合うウォーキングシューズをお客様に販売しています。

外反母趾でタコができて痛いと悩んでご来店されるお客様も多いです。

多くのお客様に足に合う靴とインソールをご提案すると、足が楽になったと喜ばれています。

もし、外反母趾とタコに悩まされていらっしゃるようでしたら異邦人にご来店ください。

靴を購入されなくても、お客様のご相談をお伺いして異邦人の経験と知識の中からお客様にアドバイスさせていただきます。

お気軽にご来店ください。

外反母趾やタコ・魚の目に関連する記事