立ち仕事で腰痛が辛い時にインソールを入れる効果について

WEB限定!夏を先取りキャンペーン(5/25~7/15)

このページを読むのに必要な時間は約11分です。

毎日の立ち仕事で腰痛がひどくて、どうにか改善したいと異邦人にご来店されるお客様がいらっしゃいます。

立ち仕事をしていると、腰痛がなかなか改善しないと悩んでいらっしゃる方はとても多いです。

腰痛は体のバランスが崩れ、体幹がブレると発症しやすくなります。

特に年齢を重ねて体の筋力が弱ってくる中高年に多い症状ですが、老若男女悩まされているのも事実です。

働いている人の約6割がサービス業に携わっている現代社会で、立ち仕事をしている方の割合がとても多くなっています。

そこで今回は、立ち仕事で腰痛が痛い時にインソールを入れる効果についてまとめました。

立ち仕事で腰痛が痛い時にインソールを入れる効果

立ち仕事をする人のイラスト

立ち仕事で腰痛が痛い時にインソールを入れると体のバランスを整える効果があります。

体のバランスが崩れも腰痛の原因の1つです。

体のバランスが崩れると、立ち仕事をしている際に背中側の筋肉に負担がかかって腰痛を患います。

体幹が強い方や、筋肉がしっかりついている方が腰痛になりにくいのはこのためです。

インソールを入れることで、足の裏から面で支えることができるようになり体幹が弱い方でも体のバランスを維持しやすくなります。

足元が安定すると、立つ時にバランスを維持するための力を最小限に抑えることができるのです。

すると、背中側の筋肉への負担を和らげることができて腰痛の改善につながります。

立ち仕事で腰痛になる原因

腰痛の女性のイラスト

毎日の立ち仕事で、腰痛になってしまう方も多くいらっしゃいます。

立ち仕事で腰痛になる原因は、下半身の背中側の筋肉が常に緊張して負担がかかる状態が続くからです。

また、体幹が弱かったり、体のバランスが崩れているとさらに負荷がかかります。

特に大切なのはお尻の外側にある「中殿筋」です。

「中殿筋」は真っ直ぐ立つ時に主に使われる筋肉です。

「中殿筋」に負担がかかりすぎると、「中殿筋」を中心に周辺の筋肉も固くなって腰痛の原因になるのです。

特に体のバランスが崩れている方や、体の筋肉が弱っている方は腰痛になりやすい傾向にあります。

腰痛の方がインソールを使用する際の注意点

オーダーメイドインソールのイラスト

インソールは足元からバランスを整える道具です。

道具は間違った使い方をすると効果的に使うことができません。

インソールを入れる上で最も大切なことは、足に合うインソールを正しく使うことです。

インソールを入れて履く靴は、足のサイズに合う靴を選んできちんと紐を締めて履くようにしてください。

靴の選び方や、履き方が間違っていると足に合うインソールを入れても効果を最大限に得ることができません。

靴の中に遊びができてしまうと、靴の中で足が安定せず結局インソールを入れていても入れていなくても腰痛の原因を作ってしまいます。

腰痛の改善にインソールを入れようと考えていらっしゃる方は、履いている靴も見直すようにしてください。

立ち仕事で腰痛の改善のためにできること

ストレッチしている女性のイラスト

毎日の立ち仕事で腰痛を改善するためにインソールを入れるのも効果的です。

他にも腰痛の痛みを軽減や予防のためにできることがあります。

  • ストレッチ
  • 姿勢
  • コルセット

の3つをご紹介します。

ストレッチ

ストレッチしている女性のイラスト

腰痛の痛みの原因は「中殿筋」を中心に周辺の筋肉が固くなることです。

休憩時間などに積極的に体をほぐすストレッチを取り入れることで、腰痛の予防につながります。

足・腰・お尻・背中などの筋肉を全体的にほぐすようにしてください。

5分程度でかまいませんが、1時間〜2時間に1回程度こまめに行うと効果的です。

姿勢

姿勢を意識している女性のイラスト

腰痛の原因の1つにバランスの崩れがあります。

立ち仕事が多い方は、腰痛になりにくいように姿勢を意識することで予防効果があります。

人間は無意識に立っている時、主に利き足と逆の軸足に体重をかけてしまいがちです。

左右どちらかに体重が偏った姿勢で立っていると、骨盤がゆがんで腰痛の原因になります。

左右均等に体重がかかるように意識して立つだけでも、腰痛の予防につながります。

コルセット

コルセットをしている人のイラスト

腰痛の改善や痛みを軽減するためにコルセットや腰痛ベルトが販売されています。

日常的に腰痛を発症している方には手放せないアイテムです。

腰痛に悩まされる方は、予防策としてコルセットや腰痛ベルトを着用してお仕事をするのもオススメです。

インソールを使う他のメリット

足にピッタリ合うインソールの写真

足に合うインソールをサイズの合う靴と併用することで、腰痛の予防や改善以外にも様々なメリットがあります。

インソールは足の裏を下から補助する役目を担っています。

人間の足の裏には様々な役目があり、立ったりする時のバランスの維持や歩いたり走ったりする時の衝撃を吸収するためにも使われています。

全体重を小さなな足の裏で支える人間の足の裏には想像以上に負荷がかかっているのです。

わかりやすく例えるとインソールは足の裏のサポーターです。

足に合うインソールを使用することで腰痛の改善や予防以外にも、

  • かかと・アーチが安定
  • フィット感の向上
  • 足の疾患予防
  • 疲れの軽減や怪我の予防
  • 血行促進

などの効果があります。

かかと・アーチが安定

衝撃を吸収するイラスト

足に合うインソールを入れるとかかとがとても安定します。

かかとは足の力が働く支点になっていて、歩く時に50%の力が集中するポイントです。

かかとが安定すると、足の進む方向が決めやすくなります。

また、足裏のアーチをサポートすることで、足への衝撃を分散しやすくなります。

足の力を地面へと伝えやすくなる効果もあります。

フィット感の向上

足にフィットするイラスト

足に合うインソールは足にピッタリと合うため、靴に足を入れた時のフィット感が向上します。

フィット感が高まると、快適に歩いたり動いたりすることができます。

また、靴の中で足がずれにくくもなります。

足の疾患予防

インソールには足の疾患を予防する効果もあります。

足の疾患は靴や体のバランスの崩れが原因になっていることも多いです。

足の筋肉の働きを補助することで、足の筋肉が正しく働きます。

すると、歩き方がキレイになったり姿勢が良くなることもあります。

疲れの軽減や怪我の予防

足のバランスを維持するイラスト

インソールで足の裏から支えることで、体全体の疲れを軽減させる効果があります。

足の裏が疲れてくると、筋肉が緩んで重力に引っ張られます。

その筋肉を他の筋肉が支えようとすることで他の筋肉への負担が増えます。

足の裏→ふくらはぎ→ふともも→腰→背中→肩→首へと体の筋肉は全体的に連動して動いています。

足裏から始まった疲れが最終的に腰や背中や首の疲れへと連鎖することもあります。

また、体のバランスが整うこで怪我の予防にもつながります。

血行促進

血行が良くなるイラスト

足裏のアーチには血液を心臓に送り返すポンプの役割もあります。

心臓から流れる血を足裏で折り返して、心臓へ送り返しています。

足裏のアーチ部分には重力に逆らって血液を送り返すための重要な役割があるのです。

足裏の筋肉をサポートして、正しく足の裏が働くことで血流を促進して腰痛や足のむくみなどの予防につながります。

腰痛の方のためのインソール選び

腰痛の方がインソールを選ぶ際に大切なことは、足に合っているかどうかです。

また、素材の硬さやアーチの形状なども気にする必要があります。

百円均一で販売されているような安いインソールでは、効果を得ることができません。

足に合っているインソールを選ぶためのポイントをお伝えしておきます。

インソールの素材の硬さ

足の働きをサポートするためのインソールには、それなりの硬さが必要です。

硬すぎず柔らかすぎず、適度にクッション材が入っているインソールがオススメです。

市販されているインソールでは3,000円〜5,000円程度のものがそれなりの硬さとクッション性を兼ね備えています。

また、かかとの裏がに少し硬い素材が使われているかどうかも大切なポイントです。

かかとの裏側がしっかりしていると、かかとの安定感が増すからです。

インソールのフィット感

インソールのフィット感も選ぶためには大切なポイントです。

市販されているインソールは一般的な足型の方の平均値を出して生産されています。

しかし、人間の足の裏の形は人の顔と同じように千差万別です。

足に合うかどうかは試してみないとわかりません。

可能であれば店頭で商品を出してもらって、試しに足に合わせて購入するようにしてください。

何種類かのインソールを試してみることをオススメします。

オーダーメイドインソールもオススメ

インソールを作成している写真

足に合うインソールを探すのにはある程度時間が必要です。

経験上なかなか足の形にピタッと合う市販のインソールは見つかりません。

そこでオススメなのが、オーダーメイドインソールです。

オーダーメイドインソールは、熱で温めたインソールを足の形に合わせて成形するインソールです。

価格は8,000円〜25,000円程度まで様々です。

足の形に合わせて作るため、ピタッと足の裏にフィットします。

探し回るために何件かお店を回って時間をかける必要もありません。

腰痛でインソールを入れようと考えていらっしゃる方はオーダーメイドインソールも検討してみてはいかがでしょうか?

異邦人にできること

異邦人のイラスト

私達が運営する異邦人は、オーダーメイドインソールとウォーキングシューズの専門店です。

ご来店されるお客様の多くは、足や靴に何かしらの悩みを抱えていらっしゃいます。

そんなお客様へアドバイスさせていただいたり、足に合うインソールや靴をご提案させていただいています。

お客様の中にも、立ち仕事で腰痛がつらくてどうにか改善したいと相談に来られる方もいらっしゃいます。

そんなお客様へ私達は、靴の見直しとオーダーメイドインソールを入れることをオススメしています。

お客様の中には慢性的な腰痛に悩まされていたのが嘘のように楽になったと何度もインソールを作りにご来店されるお客様もいらっしゃいます。

立ち仕事で腰痛をどうにかしたいと、インソールのご購入を検討していましたらお気軽にお近くの異邦人までご来店・ご相談ください。

足・靴・インソールの知識と様々なお客様の悩みを解決させていただいた経験からアドバイスさせていただきます。

まとめ

立ち仕事で腰痛がひどく、どうにか改善したい方はインソールを入れることで痛みを軽減したり改善する効果を得ることができます。

腰痛の原因の1つにバランスが崩れがあります。

バランスが崩れていると、骨盤が歪み背中側の筋肉に負担がかかって腰痛になりやすくなるからです。

インソールを入れることで、体のバランスを整え立っている時の負担を減らす効果があります。

また、インソールには様々な効果があり、足の裏から体全体を面で支える効果もあります。

体幹が弱い方や筋力が弱っている方も立っている時の負担を減らすことができます。

しかし、市販されているインソールであればどれでもいいという訳ではありません。

足に合うインソールを選び、サイズの合う靴を正しく履くことで初めてインソールは最大限に効果を発揮します。

腰痛の改善のためにインソールを入れようと考えていらっしゃる方はインソールと一緒に靴も見直すことをオススメします。

自分ではどうしていいかわからないというお客様は、お気軽に異邦人までご来店・ご相談ください。

異邦人にご来店されるお客様の中にも立ち仕事で腰痛がひどいとご相談に来られるお客様がいらっしゃいます。

そんなお客様のお悩みを解決してきた経験と今までの実績でお客様の腰痛改善のお手伝いをさせていただきます。

立ち仕事や腰痛に関連する記事