モートン病の靴を大阪でお探しの方は「異邦人」の靴を試してみては?

このページを読むのに必要な時間は約8分です。

モートン病は足の指の間などがピリピリと痛む足の疾患です。

歩いたりする度に足に痛みが走ってとてもつらいですよね。

異邦人は大阪でモートン病などの足の疾患の改善につながる靴を販売しているお店です。

特に中高年の女性に多い症状で、足に悩みを持ったたくさんのお客様がご来店します。

そこで今回は、モートン病と靴の関係と大阪にある異邦人についてまとめました。

大阪でモートン病の靴をお探しの方へ

モートン病のイラスト

大阪でモートン病の方向けの靴をお探しの方は「異邦人」という靴屋をご存知ですか?

異邦人にはモートン病を始め、外反母趾・扁平足など様々な足のお悩みのお客様が数多くご来店します。

中高年の女性のお客様が多く、足の筋力の低下と共に足に何らか足の疾患やお悩みをお持ちです。

モートン病の原因は靴や生活習慣だと言われています。

毎日履く”靴”の影響は大きく、改善や治療には足に合う靴やインソールの利用が推奨されています。

異邦人はお客様の足に合う靴とオーダーメイドインソールを専門に取り扱う靴屋です。

足に合う靴を販売することで、お客様の健康を足元からサポートすることを目的として営業しています。

異邦人にはモートン病でお悩みのお客様が多くご来店

お客様の足のお悩みをお伺いしている写真

異邦人は大阪で2003年に営業を開始しました。

お客様の足の悩みをお伺いし、「足に合う靴を正しく履いていただく」ためのご提案は営業開始当初からの販売方法です。

モートン病で足の指の間にピリピリするような痛みや、指にしびれがあると悩まれているお客様も多くご来店します。

モートン病でお悩みのお客様には、足に合うオーダーメイドインソールとサイズの合った靴をセットでご提案させていただくことが多いです。

モートン病の治療には様々な方法がありますが、医療用インソールや靴を使った治療も行われています。

異邦人で取り扱っているインソールや靴は医療用ではありません。

取り扱っている靴はスポーツメーカーのウォーキングシューズで、インソールはシダス社のオーダーメイドインソールです。

市販されている靴とオーダーメイドインソールを組み合わせることで、お客様の足に最適な靴をご提案させていただきます。

異邦人の強み

足のサイズを測る機械の写真

靴を買う時に店頭できちんと足のサイズを測って靴を購入していらっしゃいますか?

異邦人の強みはお客様のお悩みをお伺いし、足のサイズ・形・特徴・癖などを細かくご説明することです。

ご来店いただいたお客様には、お悩み相談や足のサイズ測定・フットプリントの作成を無料で行っています。

お客様のお悩みや、足の形や特徴などから靴やオーダーメイドインソールがどのような効果があるのか丁寧にご説明させていただきます。

また、有名メーカーのウォーキングシューズの品揃えと、オーダーメイドインソールを作成する技術力も異邦人の強みです。

ウォーキングシューズはメーカーやモデルごとに様々なサイズがあります。

モデルによって幅の広さや甲の高さに特徴があり、足の形やサイズに合わせたウォーキングシューズをご提案させていただくことができます。

オーダーメイドインソールも年間1万足前後販売している実績があります。

シダス社の製品を取り扱う靴の販売店としては、世界で一番オーダーメイドインソールを販売しています。

今までの販売経験から、お客様の足に合うインソールを作る技術にも自信がございます。

モートン病で足の痛みに悩まされていらっしゃる方は、異邦人へお気軽にご相談・ご来店ください。

異邦人は大阪に5店舗ございます!

異邦人のイラスト

「異邦人」は、大阪府に全部で5店舗ございます。

大阪の北部にお住まいの方は、梅田・茨木に、南部にお住まいの方は天王寺・堺東・泉北に店舗がございます。

どの店舗でもモートン病や足の疾患でお悩みのお客様の靴やインソールの相談は無料で行っております。

お気軽にご来店ください。

足・靴・インソールについて精通したスタッフが心よりお待ちしております。

大阪以外にも、京都・兵庫・奈良・和歌山・東京にも店舗がございます。

モートン病と靴とインソール

モートン病の足のイラスト

モートン病は足の指の付け根部分にある神経が刺激されるて痛みが起こる足の神経疾患です。

神経腫とも呼ばれています。

主な原因は足に繰り返しかかる負荷が原因で、靴とインソールにも深い関わりがあります。

  • 先が細い靴
  • ヒールの高い靴
  • 硬い素材の靴
  • 靴底の薄い靴
  • 中腰やつま先立ちなどでの圧迫

など、足が圧迫されることによって神経が刺激されます。

神経が刺激されると、神経に炎症や腫れが出て痛みが生じます。

歩くときなどに足の指の間がピリピリと痛くなったり、しびれたりすることがあります。

20代〜30代の女性でも発症することがありますが、足の筋力が低下した中高年の女性に目立つ症状です。

モートン病を改善・予防するためには足に合う靴やインソールを履くことが大切です。

オーダーメイドインソールでモートン病は改善するの!?

オーダーメイドインソールのイラスト

モートン病の方がオーダーメイドインソールを利用する時、足に合う靴を正しく履いていただくことがとても重要です。

間違った靴の履き方や、足に合っていない靴に入れてもインソールの効果を最大限に発揮することができません。

オーダーメイドインソールは足の働きをサポートする役割を担っています。

足の裏の筋肉の働きを補助し、体のバランスを保ちながら足へかかる負荷を軽減させる効果があります。

モートン病の原因となる足への負荷を分散することができ、痛みの軽減が見込めます。

また、モートン病を患っている方は他の足の疾患を併発していることもあります。

足に合う靴やオーダーメイドインソールを履くことで、モートン病以外の足の疾患の予防や改善にもつながります。

モートン病の方に多い他の足の疾患

モートン病を患っている方は開張足や足首の過剰回内を併発している傾向が強いです。

開張足は足の指が広がってしまう疾患で、足の指が平べったくなり横に広がってしまう症状です。

足の指が横に広がってしまうことで、本来ならうアーチ状になっている足の指が地面に当たり、付け根への負荷が高まってモートン病を患ってしまいます。

足首の過剰回内は、真っ直ぐ立った時に足首が内側に傾いている状態のことです。

過剰回内になると、本来であれば歩く時に母子球側にかかる負荷が中指や薬指の辺りにかかってモートン病を患う原因になります。

モートン病と治療について

病院のイラスト

モートン病の治療には通院治療手術療法があります。

通院治療を経て改善しない場合に手術するケースが多いようです。

月1回程度炎症を抑える注射を打ち、炎症止めや湿布薬などを服用します。

医療機関によっては医療用インソールや靴を使った治療も用いられることがあります。

また、足に負荷のかかる靴を履くことを控える保存療法も併せて用いられます。

手術でモートン病を治療する

数ヶ月間の通院でも改善されない場合には、手術を行うことがあります。

モートン病の手術は痛みのある神経の近くにある靭帯を切って圧迫を減らす手術が用いられます。

神経の腫れがひどい場合は、神経を取り除く場合もあるようです。

まとめ

異邦人は大阪でモートン病など、足の疾患の改善につながる”足に合う靴”を販売している靴屋です。

モートン病は足の指の付け根辺りの神経が圧迫され、ピリピリと痛む足の疾患です。

特に中高年の女性に多い症状で、異邦人にはモートン病でお悩みのお客様もご来店します。

モートン病の原因は靴や生活習慣だと言われています。

足に合わない靴を履き続けていることで、足の神経に負荷がかかって痛みが生じます。

モートン病の改善や予防には足に合う靴を正しく履き、オーダーメイドインソールを入れて神経にかかる負荷を軽減させるのも1つの方法です。

また、開張足や過剰回内など他の足の疾患を併発していることもあります。

異邦人では靴とオーダーメイドインソールを通じて”お客様の健康を足元からサポートできる靴”を販売しています。

モートン病で足が痛くてお悩みのお客様は、お気軽に異邦人までご来店・ご相談ください。

長年の販売経験から、足や靴の知識豊富なスタッフがお伺いさせていただきます。