腰痛にオススメの靴のブランドは?腰痛には足に合う靴がオススメ

このページを読むのに必要な時間は約10分です。

世界中で腰痛に悩んでいらっしゃる方は多いです。

異邦人にも腰痛がひどくて、足元から見直したいとご相談にご来店されるお客様も多いです。

お客様に「腰痛の改善につながる靴のブランドはどこかありますか?」と質問されることがあります。

しかし、残念ながら腰痛にオススメできる靴のブランドはありません。

靴を見直して腰痛を改善したい場合、大切なことは足に合う靴を正しく履くことです。

そこで今回は、腰痛にオススメできる靴のブランドについてまとめました。

腰痛にオススメの靴のブランドはない

腰痛の女性のイラスト

残念ながら腰痛の改善にオススメできる靴のブランドというのはありません。

腰痛を改善したいと異邦人にご来店されるお客様にも、特定のブランドの靴をオススメしていません。

当店で取り扱っているヨネックス・ミズノ・アシックス・ニューバランスなど、ご提案している靴のブランドはお客様によってバラバラです。

なぜお客様によって違うかというと、それは足のサイズや形がお客様によって千差万別だからです。

異邦人では足元から腰痛を改善したいとご相談された場合、必ずお客様にお伝えすることが2点あります。

  • 足に合う靴を選ぶ
  • 靴を正しく履く

腰痛を含め、足のトラブルの外反母趾・内反小趾・足底筋膜炎・膝痛・モートン病・変形性膝関節症など足に合う靴を正しく履くことで足が本来持つ機能を正しく使うことができるようになります。

人間の足には様々な働きがあり、歩く際の衝撃を吸収・分散する機能や体のバランスを保つ機能など人が二足歩行で生きる上で大切な要素が盛り込まれています。

その足元を支える靴をしっかりと選んで履くことで、足が持つ機能が正しく働くようになります。

腰痛の原因は人によって様々ですが、足に合わない靴が原因になっていることはよくあります。

特に長い時間歩くと腰が痛くなる方や、新しい靴を履いていたら腰が痛くなったという場合は「靴」が原因の可能性が高いです。

また、慢性的に腰痛を患っている方も、足元を見直すことで腰痛が改善することがあります。

腰痛には足に合う靴を選ぶことが一番のポイント

サイズとワイズに合う靴のイラスト

靴の形やサイズはブランドやモデルよって様々です。

同じブランドの同じサイズの靴でもモデルによって数mmサイズが違ったり、幅のサイズが違うということはよくあります。

その中から腰痛の方にはこのブランドのこのモデルがオススメですとお伝えしても、私の足には合うかも知れませんがお客様の足には合わないかも知れません。

合わない靴は腰痛を悪化させる原因になることもあります。

そこで大切なのが足に合う靴を選ぶことです。

足に合ったサイズを選ぶために大切なことは、ご自身の足のサイズと幅のサイズを把握することです。

靴には縦の長さの「サイズ」と横の幅と足囲・の「ワイズ」の2種類のサイズがあります。

腰痛改善のための靴を選ぶ場合はこの2つのサイズの掛け合わせが合う靴を選ぶようにしてください。

異邦人ではご来店されたお客様の足のサイズとワイズを必ず測ってからお客様の足に合う靴をご提案しています。

靴を正しく履くことも腰痛対策に

靴を座って履くイラスト

足に合う靴を選ぶことができたら、その靴を正しく履くことも大切です。

普段靴を履く際にはどのように靴を履いていますか?

玄関にあるくつべらを使って足を滑らせて履いていたりしていませんか?

靴紐を毎回締め直すのが面倒くさいからと、緩めに結んで履いていたりしませんか?

腰痛を改善するためにはどちらの履き方も間違っています。

靴と足をしっかりと固定することが腰痛改善のためには大切です。

そのためには、

  • ❶ 靴を履く際には玄関に腰掛け
  • ❷ 靴紐をしっかりと緩めた靴に足を通す
  • ❸ 地面にかかとを軽く叩き、靴のかかと側に足を詰める
  • ❹ しっかりと靴紐を結ぶ

ようにしてください。

靴と足がしっかりと固定されることで足が疲れにくくなり、腰痛の改善にもつながるのです。

足に合わない靴が腰痛を悪化させている原因かも!?

腰痛の男性のイラスト

そもそもなぜ足に合わない靴や靴を緩く履いていることが腰痛の原因を招いているのかご存知ですか?

靴と腰痛はつながりがなさそうに感じますが、実はすごく関係しています。

足に合っていない靴や緩めに履いていると無意識の中で体を支えるために足がずっと踏ん張っているからです。

足がずっと踏ん張っていると、足の裏にある筋肉が疲労してきます。

すると、足の裏の筋肉から足首・膝・ふともも・その次にお尻・腰・背中・肩・首の筋肉へと疲れが連動していきます。

人間の体の筋肉は複雑に連動していて、特に足の裏から首まで人間の体幹を支える筋肉の疲労は体全体の疲労へとつながっているのです。

若い頃は腰痛なんてなかったのに年を重ねることで回復力が衰え、慢性的な腰痛を患ってしまうことがよくあります。

そこで、足の裏の筋肉が疲れにくい足に合った靴を履くことで、腰の筋肉の疲労を和らげることで腰痛の改善になるのです。

実際に、異邦人にご来店されるお客様の中にも異邦人で買った靴を履き続けていたら腰痛が改善したと喜ばれているお客様もたくさんいらっしゃいます。

足の裏の筋肉は大きな筋肉ではないですが、人間の体幹を支えるために大切な働きがあることを理解してください。

その筋肉をなるべく楽に働かせるために大切なのが足に合った靴を正しく履くことなのです。

足の裏の筋肉が疲労することで生じる不具合

足の裏が疲れているイラスト

足に合っていない靴を緩く履いていると、足の裏の筋肉が疲れて体全体の疲労につながります。

足の裏の筋肉には様々な働きがあり、そのうち腰痛の原因へとつながる働きは2つです。

1つ目は体のバランスを保つ機能です。

人間は体のバランスを体全体の筋肉を使って保っています。

足の裏の筋肉が疲れてくると、足の裏の筋肉を使って保っているバランス保持機能を他の筋肉が担います。

すると、他の筋肉への負荷が増えて他の筋肉への疲労へとつながるのです。

その負担が腰の筋肉まで達すると腰痛を招く原因になります。

2つ目は衝撃を吸収・分散する機能です。

足の裏の土踏まずには車のサスペンションのように歩く際に体に伝わる衝撃を吸収・分散する機能があります。

この衝撃・分散機能が足の裏の筋肉が疲れて働きにくくなると、腰や背中・肩・首などに歩く衝撃が伝わってしまいます。

歩く際の衝撃が腰の筋肉に伝わることで腰痛の原因になります。

特に足の裏が平らな扁平足気味の方はこの衝撃を吸収・分散する機能が働きにくく、靴が腰痛や肩こりの原因になっていることが多いです。

腰痛を悪化させやすい靴

オススメしない靴のイラスト

足に合わない靴や靴を緩く履くことが腰痛の原因になるとお伝えしましたが、腰痛を悪化させやすい靴もあります。

  • 部屋の中で履くスリッパ
  • かかとの高いヒールやパンプス
  • 靴底のすり減った靴(特に左右のすり減り方が違う場合)
  • 靴底の素材が硬い革靴
  • サンダル・スリッパ・下駄
  • 長靴

などの靴です。

前半の3つは体のバランスを崩す原因になる靴で、後半の3つは衝撃を分散・吸収しにくい靴になります。

腰痛の悪化を招くような靴を避けることも、足元から腰痛を改善させるための近道です。

腰痛対策にはインソールもオススメ

オーダーメイドインソールのイラスト

靴から腰痛対策を行う場合、インソールを入れて靴を履くこともオススメです。

インソールは足の裏の土踏まずにある筋肉を補助するサポーターのような役割があります。

ひどい腰痛の方がコルセットなどのサポーターを使うように、足の裏の筋肉のサポーターを使うことで足の裏の筋肉の働きを助けることができます。

腰痛の方がインソールを選ぶ場合は、しっかりと土踏まずにある足の裏のアーチをサポートできるアーチサポートインソールを選ぶことが大切です。

また、足に合っていない靴にインソールを入れてもその効果をあまり得ることができないため、足に合う靴に入れるようにしてください。

インソールにはオーダーメイドインソールという商品もあり、熱成形で足の形に合わすことができる商品もあります。

異邦人にできること

異邦人のイラスト

私達のお店「異邦人」はウォーキングシューズとオーダーメイドインソールを専門に販売している靴屋です。

15年以上、お客様の足元から健康を支えることをコンセプトに営業を続けています。

他の靴屋さんと違う点はお客様の足のサイズやワイズをしっかりと計測し、お客様の足型をフットプリントで可見える化してお客様に靴をご提案しているところです。

そのため、様々な足や靴の悩みをもったお客様がご来店されます。

その中でも腰痛がひどくて靴を見直したいというお客様も一定の割合でご来店されます。

中には今まで履いていた靴と全く違う感覚で、だまされたと思って履いてみたら腰痛が楽になったと喜ばれるお客様もいらっしゃいました。

腰痛の場合、靴を履き替えただけでは即効性はありませんが、少しずつ足の裏の筋肉の働きを改善することで痛みを軽減できることは当店の経験からお伝えできます。

もし、腰痛にお悩みで靴を見直したいという場合は異邦人までお気軽にご来店・ご相談ください。

まとめ

腰痛の改善のためにオススメできる靴のブランドはありません。

その理由は人の足の形は千差万別で、腰痛の改善には足に合う靴はお客様によって違うからです。

腰痛の改善のために大切なことは足のサイズとワイズに合う靴を正しく履くことです。

足に合う靴を正しく履くことで、足の裏の筋肉への負荷を減らし、体全体の疲労を少なくすることができるからです。

靴が原因の腰痛の場合、足の裏の筋肉の疲労から体全体のバランスが崩れて腰にまで疲れが届いていることが多いです。

また、歩くときに生じる地面からの衝撃を足の裏の筋肉では吸収・分散できなくなって腰にまでその衝撃がとどいています。

足に合う靴を正しく履き、足の裏の筋肉への疲労を少なくすることが腰痛の改善には一番の近道だと異邦人は考えています。

足に合う靴と合わせて、インソールを併用することでより足の裏の筋肉の働きを助けることもできます。

腰痛にお悩みで「靴を見直してみよう」とお考えでしたら一度異邦人までご来店・ご相談ください。

様々な足や靴のお悩みを解決するお手伝いをしてきたスタッフがお客様のお話をお伺いし、お

客様のお悩みを解決できる1足をご提案させていただきます。

腰痛に関連する記事