膝に優しい靴はどんな靴?膝への負担を減らすための靴選び

健康応援キャンペーン 1/27〜3/4

このページを読むのに必要な時間は約8分です。

椅子から立ち上がった時や歩いている時に膝に違和感があったり膝に痛みがあるとつらいですよね。
 
膝への負担を少しで優しくするためには、足に合う靴を選んで正しく履くことが重要です。
 
膝に伝わる衝撃を分散させるために、インソールを入れて靴を履くのもオススメです。
 
そこで今回は、膝に優しい靴と膝への負担を少なくするポイントについてまとめました。

膝に優しい靴

膝痛のイラスト
歩いている時に膝に痛みを抱えたり、膝がガクっとなる感覚があるなど膝に不安をお持ちの方は膝に優しい靴を履いてみてはいかがでしょうか?
 
膝に優しく、負担のかからない靴にはいくつかの条件があります。
 
1つ目は足のサイズに合っている靴です。
 
サイズが合わない靴は靴の中で足が動いてしまい、足への負担が増えてしまいます。
 
膝も足の一部ですし、足の裏から膝の筋肉はつながっています。
 
足への負担が大きいと、連動して膝への負担も増えてしまいます。

サイズの合う靴を選ぶ

足のサイズのイラスト
 
靴を買う時にきちんと靴屋さんで足のサイズを測ってから購入していますか?
 
また、幅がきついからと1つや2つサイズの大きい靴を選んでいませんか?
 
膝に優しい靴を選ぶ場合、この2つは間違った靴選びです。
 
デザインやファッション性が重要なポイントの場合はサイズに合わない靴を選ぶこともあります。
 
「膝に優しい靴」を選ぶ場合は必ず足のサイズを測り、足のサイズに合う靴を選ぶようにしてください。

足の幅のサイズ(ワイズ)が合う靴を選ぶ

サイズとワイズに合う靴のイラスト
2つ目のポイントは足の幅に合う靴を選ぶことです。
 
靴には足の長さの足長であるいわゆる「靴のサイズ」足幅・足囲のサイズ「ワイズ」の2つのサイズがあります。
 
膝に優しい靴を選ぶ場合はサイズとワイズの合う靴を選ぶことが大切です。
 
足幅や足囲を測ってもらえる靴屋さんはそう多くありません。
 
膝への負担を和らげ、足に合う靴を選びたいときは足の幅も測ってもらえる靴屋さんで靴を選ぶことをオススメします。

膝に優しい靴選びの他のポイント

様々な靴のイラスト
膝に優しく、負担の少ない靴を選ぶためのポイントは他にもいくつかあります。
 
箇条書きにしてまとめておきます。
  • ・靴紐やベルトでしっかりと固定できること
     (足を靴に固定するには必須)
  • かかとがしっかり固定できること
     (かかとに返しがありしっかりと固定できる構造)
  • クッションがやわらかすぎないこと
     (柔らかすぎると膝への負担が増えます)
  • 靴底が厚すぎず薄すぎないこと
     (一般的なスニーカー程度の靴底の厚さ)
  • かかと部分が低いこと
     (ブーツやハイカット靴以外)
  • ある程度素材がしっかりとしていること
     (合皮やレザーなどそれなりに硬い素材・キャンバス地は)
これらのポイントを踏まえながら膝に優しい靴を見つけるようにしてください。

膝に優しいウォーキングシューズ

ウォーキングシューズのイラスト
異邦人が膝に優しい靴としてオススメするのはウォーキングシューズです。
 
ウォーキングシューズには様々な幅(ワイズ)の商品がいくつか用意されています。
 
そのため、足のサイズと幅(ワイズ)の両方に合う靴を見つけやすいのがメリットです。
 
また、歩くためにデザインされている靴のため、靴紐やダイヤルでしっかりと足に固定させることができます。
 
かかと部分にもヒールカウンターがありかかとも動きにくいように固定できる構造です。
 
素材に関してもそれなりにしっかりとした素材が使われていますし、靴底も適度な厚さで、クッション性も程よく硬い商品が多いです。
 
当店にも膝痛にお悩みでウォーキングシューズをお買い求めに来られるお客様がよくご来店されます。
 
膝が楽になったと喜んでいただけるのが当店の強みです。

膝に優しい靴の履き方

膝痛の男性のイラスト
膝に優しい足のサイズとワイズの合う靴が見つかれば、膝に優しく靴を履いてください。
 
靴を正しく履かなければ、せっかく膝に優しい靴を選んでも膝への負担も大きくなることがあります。
 
まず、靴を履くときはしっかりと腰掛けてから履くようにしてください。
 
足を入れて、かかと側にトントンと叩いて足をかかと側に詰めます。
 
しっかりと詰めたら、靴紐やベルトがキツすぎないようにしっかりと締めてください。
 
靴の中にしっかりと足を固定することで、足や膝への負担を少なくすることができます。
 
いかに足を靴の中で足が動かないように安定させることができるかが大切です。

膝に優しいインソール

インソールの写真
膝に優しい靴を選べたらインソールを入れることも検討してみてください。
 
インソールは足の裏から支える足のサポーターのような存在です。
 
足に合うインソールを入れることで、足元の安定感が高まり膝も安定します。
 
足元のバランスが崩れそうになると、膝に保とうとする力が働き負担がかかります。
 
また、インソールを入れることで地面から伝わる衝撃を分散・吸収しやすくもなり膝への負担が軽減されます。
 
インソールを入れないデメリットの方が少ないくらいで、メリットの方が多いのがインソールです。

膝に優しいインソールの選び方

シダス アクションプラスインソールの写真
膝に優しいインソールは立体的な構造になっているインソールです。
 
インソールには様々な用途や種類の商品が販売されていますが、足の形に合う立体的な構造のインソールでないと大きなメリットがありません。
 
足の裏の形に沿うような形で土踏まず部分にピッタリとフィットすることが条件です。
 
立体的な構造になっていることで、足が靴の中で動きにくくする効果も生まれます。
 
足に合うインソールを見つけるには、いくつか足に合わせてみないとわからないため、探すのに苦労します。
 
そこで、オーダーメイドインソールを異邦人ではオススメしています。

オーダーメイドインソールについて

オーダーメイドインソールを作っている写真
オーダーメイドインソールは足の裏の形に合わせて熱で成形するインソールになります。
 
熱で温めたインソールを足の裏の形に合わせて型取り、足に合うように加工します。
 
欧米では医療用にも使われることも多く、足の健康について気を使う方であればほぼインソールを入れて靴を履いています。
 
また、スポーツ選手等もインソールを使うことが多いです。

異邦人にできること

異邦人のイラスト
異邦人はオーダーメイドインソールとウォーキングシューズの専門店になります。
 
膝痛を含め、様々な足や靴の悩みを抱えるお客様をサポートしている靴屋になります。
 
元々は異邦人の代表が足に悩みを抱えていたことが始まりです。
 
すでに15年以上営業を続けており、様々なお客様の足元をさせてまいりました。
 
膝に優しい靴を探したい、見つけてもらいたいとお考えでしたらお気軽に異邦人までご来店・ご相談ください。
 
様々なお客様の足や靴を見てきた経験豊富なスタッフがお客様の膝に優しい靴をご提案させていただきます。
 

まとめ

膝に優しい靴を見つけるためにはまずは足のサイズと幅(ワイズ)を測ってもらえる靴屋さんを見つけてください。
 
サイズを正確に測り、サイズとワイズの両方がある靴を選ぶことが大切です。
 
また、素材や靴の構造によってはは膝への負担が大きくなることもあります。
 
ポイントを踏まえた上で膝に優しい靴を選ぶようにしてください。
 
インソールを入れて靴を履くことも膝に優しく、負担を軽減することができます。
 
足に合うインソールには様々なメリットがあり、オーダーメイドで足に合うインソールを作ることもできます。
 
異邦人にも膝痛など様々なお客様がご来店されます。
 
お客様の足に合う靴をご提案するのが当店の使命です。
 
膝に優しい靴をお探しでしたら、異邦人までご来店・ご相談ください。

膝痛に関連する記事